【山陽新幹線】ひかり・こだまを格安・割引料金で利用する方法|大阪・神戸・岡山・広島・博多

新幹線のぞみ・ひかり・こだま

山陽新幹線「ひかり」「こだま」を格安に利用する方法を12個紹介しています。

割引率の高いお得な順に上から並べてみました。なかには併用可能な方法もあります。

ここで紹介する方法には、それぞれ制約・利用条件等があります。12個の中から自分の要望にマッチした最適な利用方法を探してみてください。

のぞみについてはこちらにまとめています。
関連ページ:【新幹線のぞみ】のぞみを格安に利用する15の方法

ひかり・こだまについてはこちらにまとめています。
関連ページ:【山陽新幹線】さくらを格安に利用する方法

 

新幹線パックを利用する

新幹線パック

宿泊ありの場合は「新幹線パック」を利用すると、ひかり・こだまが格安になります。

大阪・神戸・広島・岡山・博多など山陽新幹線沿線の主要都市はもちろん、全国各地への新幹線旅行が格安です。新幹線パックは、往復の新幹線チケットと宿がセットになった特別割引料金で、他のどの方法よりも格安です。

家族旅行、卒業旅行、出張、ひとり旅などで新幹線を利用する人は、まず「新幹線パック」を検討しましょう。

新幹線パックKV

【新幹線パック】一人もOK!宿泊付き!新幹線ホテルパックはなぜ安い?

2020年3月17日

新幹線パックでひかり・こだま料金は実質半額以下

新幹線パックは新幹線と宿のセット価格ですが、新幹線単体でみると実質、通常料金の半額以下になっていることもあります。

代表的な区間の料金(新幹線往復+1泊)は下記の通り(料金は時期によって変動します)。

  • 大阪 ー 福岡:15,100円~
  • 大阪 ー 広島:18,500円~
  • 広島 ー 福岡:12,400円~

 

バリ得こだまを利用する

バリ得プラン山陽版

「バリ得こだま」を利用すると、ひかり・こだまが格安になります。

「バリ得こだま」は、山陽新幹線(新大阪〜博多)こだまを格安で利用できる早割チケットです。山陽新幹線を利用するチケットの中では最安です。

バリ得こだまは区間によって4種類に分かれます。

  1. バリ得こだま
    大阪・神戸 〜 博多・小倉
  2. バリ得こだま 山陽版
    岡山・広島 〜 博多・小倉
  3. バリ得こだま 山陽版(京阪神)
    大阪・神戸 〜 岡山・広島
  4. バリ得つばめ
    大阪・神戸 〜 熊本・鹿児島
新幹線

【格安4,300円〜】「バリ得こだま」で新幹線(博多・広島・岡山・大阪)が安くなる

2020年6月21日

バリ得こだまでこだまが約30〜50%割引に

バリ得こだまを利用するとひかり・こだま料金は、通常料金から約30〜50%割引になります。

代表的な区間の料金(ひかり・こだま指定席)は下記の通り。

  • 新大阪 ー 博多:7,600円(7,680円割引)
  • 新大阪 ー 広島:7,000円(3,420円割引)
  •  広島 ー 博多:5,900円(3,200円割引)

 

こだまスーパー早特きっぷでこだま乗車

大阪・神戸〜福岡・博多間を旅行をする場合は「こだまスーパー早特きっぷ」を利用すると、こだまが格安になります。

「こだまスーパー早特きっぷ」は、14日(2週間)前までの予約で、山陽新幹線こだまを格安で利用できる早割チケットです。

「スーパー早特きっぷ」はJR西日本のネット予約サービス「e5489」を使えば誰でも利用可能です。

新幹線チケット売り場

【最安6,800円】こだまスーパー早特きっぷ よりお得な格安チケット達

2020年5月30日

こだまスーパー早特きっぷでこだま料金が大幅割引

こだまスーパー早特きっぷは14日前までの予約が必要なので使える人は限定されますが、そのぶん割引率はとても高く5,000〜7,000円安くなります。

代表的な区間の料金(こだま指定席)は下記の通り。

  • 新大阪 ー 博多:8,660円(6,620円割引)
  • 新大阪 ー 小倉:8,660円(5,740円割引)
  • 新神戸 ー 博多:8,650円(6,300円割引)

 

おとなび(おとなびWEB早特)でひかり・こだま乗車

おとなび会員

50歳以上の人が山陽新幹線を利用する場合は「おとなび」を利用すると、ひかり・こだまが超格安になります。

「おとなび」はJR西日本の会員制シニアサービスで50歳以上なら誰でも利用可能です。年会費無料で、西日本の新幹線・特急を格安で利用できます。なかでも「おとなびWEB早特」を利用すると山陽新幹線が最大60%割引になります。

また、「新幹線パック」と同様、新幹線とホテルがセットになった超お得な旅行プランも利用できます。

新幹線改札

「おとなび」の 予約・往復(おとなびWEB早特・おとなびパス)

2020年1月19日

おとなびWEB早特でひかり・こだま料金が格安

おとなびWEB早特は7日前までの予約で利用でき、最大60%安くなります。毎年、期間限定で販売されます。

代表的な区間の料金(ひかり・こだま指定席)は下記の通り。

  • 新大阪 ー 岡山:2,400円(3,740円割引)
  • 新大阪 ー 広島:4,080円(6,340円割引)
  • 新大阪 ー 博多:5,990円(9,290円割引)

 

学割・障害者割引を使って、ひかり・こだま乗車

学生・障害者が新幹線を利用する場合は「学割(学生割引)」「障害者割引」を利用すると、ひかり・こだま料金が割引になります。

  • 学割   :乗車券が2割引
  • 障害者割引:乗車券が5割引

学割・障害者割引は、e特急券やeきっぷと併用することができます。

新幹線チケット

【新幹線の障害者割引】障害者割引よりお得なチケットとお得な使い方

2020年3月15日
新幹線チケット

【新幹線の学割】学割よりお得なチケットとお得な使い方

2020年2月12日

学割・障害者割引が適用されないケースもある

下記のようなきっぷを利用した場合、学割・障害者割引は利用できません。

  • 回数券
  • ネット予約の早特商品・早割
  • 旅行会社の格安チケット等

学割・障害者割引と料金比較した上で、安くなる方を利用しましょう。

 

e特急券でひかり・こだま乗車

大阪〜博多間を新幹線旅行をする場合は「e特急券」を利用すると、ひかり・こだまが格安になります。

e特急券は、山陽新幹線を格安で利用できる割引チケット(特急券のみ)です。乗車日当日まで予約できます。

e特急券とは別に乗車券を購入する必要がありますが、往復割引・学割・障害者割引と併用可能なので、これらと組みあわせてダブル割引を得ることも可能、という点も大きなメリットです。

「e特急券」は新幹線のネット予約サービス「エクスプレス予約」の会員ならば誰でも利用可能です。

新幹線改札

e特急券で新幹線がおトクに!は本当?e特急券の料金、割引率、買い方・使い方を詳しく解説!

2020年2月16日

e特急券は直前まで予約可能でひかり・こだま料金が割引

e特急券は乗車直前まで予約・変更で、通常料金の特急券より数百円〜2,000円安くなります。使いやすいチケットです。

代表的な区間の料金(ひかり・こだま指定席特急券)は下記の通り。

  • 新大阪 ー 博多:3,700円(1,790円割引)
  • 新大阪 ー 広島:3,700円(1,000円割引)
  •  広島 ー 博多:3,290円(640円割引)

 

eきっぷでのぞみ乗車

大阪〜博多間を旅行をする場合は「eきっぷ」を利用すると、ひかり・こだまが格安になります。

eきっぷはe特急券と同じようなきっぷで、山陽・九州新幹線を格安で利用できる割引チケット(特急券のみ)です。乗車日当日まで予約できます。

eきっぷとは別に乗車券を購入する必要がありますが、往復割引・学割・障害者割引と併用可能なので、これらと組みあわせてダブル割引を得ることも可能、という点も大きなメリットです。

「eきっぷ」はJR西日本のネット予約サービス「e5489」で購入可能です。J-WESTカード会員限定です。

山陽新幹線

eきっぷで新幹線・特急がおトクに!は本当?eきっぷの料金、割引率、買い方・使い方を詳しく解説!

2020年2月15日

eきっぷは直前まで予約可能でのぞみ料金が割引

eきっぷは乗車直前まで予約・変更で、通常料金の特急券より1,000〜2,000円安くなります。使いやすいチケットです。

代表的な区間の料金(ひかり・こだま指定席特急券)は下記の通り。

  • 新大阪 ー 博多:3,700円(1,790円割引)
  • 新大阪 ー 広島:3,700円(1,000円割引)
  •  広島 ー 博多:3,290円(640円割引)

 

エクスプレス予約(EX予約)で、ひかり・こだま乗車

エクスプレス予約(EX予約)

大阪〜博多間を旅行をする場合は「エクスプレス予約(EX予約)」を利用すると、ひかり・こだまが格安になります。

「エクスプレス予約」は東海道・山陽新幹線の会員制ネット予約サービスです。年会費1,100円が必要ですが、スマホやパソコンを使っていつでもどこでも新幹線の予約・変更が可能です。

新幹線改札

エクスプレス予約(EX予約)はお得?割引料金・アプリの使い方等を詳しく解説

2020年1月12日

エクスプレス予約は直前まで予約可能でひかり・こだま料金が割引

エクスプレス予約は乗車直前まで予約・変更で、通常料金より700〜2,000円安くなります。使いやすいチケットです。

代表的な区間の料金(ひかり・こだま指定席)は下記の通り。

  • 新大阪 ー 博多:13,490円(1,790円割引)
  • 新大阪 ー 広島:  9,420円(1,000円割引)
  •  広島 ー 博多:  8,410円(690円割引)

 

往復割引を使う

往復で新幹線を利用する場合は「往復割引」を利用すると、ひかり・こだま料金が割引になります。

往復割引は、片道の営業キロが601km以上の場合に適用されます。往復割引が適用された場合は乗車券が1割引になります。

新幹線特急券は割引になりませんので、総額では平均5〜7%の割引になります。

関連ページ:往復割引

【料金例】新大阪ー博多(ひかり・こだま利用)の往復割引

例えば、新大阪ー博多を新幹線(ひかり・こだま指定席)で往復する場合、往復割引あり/なしで料金差は以下の通りです。

  • 往復割引なし:30,560円
  • 往復割引あり:28,600円

往復割引で乗車券が約2,000円割引されます。総額では6.5%割引になります。

往復割引が適用されないケースもあるので注意

下記のようなきっぷを利用した場合、往復割引は利用できません。

  • 回数券
  • ネット予約の早特商品・早割
  • 旅行会社の格安チケット等

往復割引と料金比較した上で、安くなる方を利用しましょう。

 

回数券でひかり・こだま乗車

新幹線を頻繁に利用する場合は「回数券」を利用すると、ひかり・こだまが格安になります。

回数券はJR新幹線の主要区間で利用できる割引きっぷで、乗車当日でも駅の窓口や金券ショップで購入できます。窓口で買う場合は6枚綴り1セットになります。

短中距離区間の回数券は自由席、長距離区間の回数券は指定席となります。

新幹線チケット売り場

新幹線の回数券|新大阪・新神戸・岡山・広島・小倉・博多

2019年12月10日

回数券は直前まで購入可能でひかり・こだま料金が5〜7%割引

回数券は乗車当日まで購入できて、通常料金より平均5〜7%安くなります。

ただ、回数券を使う場合、のぞみでも同料金ですのでのぞみを利用した方がいいでしょう。ひかり・こだまを利用した場合は割引率は低くなります。

代表的な区間の料金(ひかり・こだま指定席)は下記の通り。

  • 新大阪 ー 博多:13,520円(1,760円割引)
  • 新大阪 ー 広島:  9,850円(570円割引)
  •  広島 ー 博多:  8,480円(620円割引)

 

ひかり・こだまの自由席に乗車する

ひかり・こだまを安く利用するなら、自由席を選ぶのももっとも簡単な格安手段の一つです。

新幹線改札

【新幹線の自由席】徹底解説!自由席に確実に座る方法は?料金は安い?こども料金は?

2020年3月13日

ひかり・こだま自由席は指定席より530円安い

自由席は指定席に比べて基本530円安く利用できます(通常期)。時期によって±200円変動があります。自由席の料金は通年一律。一方、指定席料金は時期によって変動するので差額も変動します。

代表的な区間の料金(ひかり・こだま自由席)は下記の通り。

  • 新大阪 ー 博多:14,750円(530円割引)
  • 新大阪 ー 広島:  9,890円(530円割引)
  •  広島 ー 博多:  8,570円(530円割引)

 

スマートEXでひかり・こだま乗車

スマートEX

東京〜大阪〜博多間を旅行をする場合は「スマートEX」を利用すると、ひかり・こだまが少し安くなります。

「スマートEX」は東海道・山陽新幹線の会員制ネット予約サービスです。年会費無料で、スマホやパソコンを使っていつでもどこでも新幹線の予約・変更が可能です。

上記のエクスプレス予約と同じサービスですが、無料なのでサービスの質と割引率は制限されています。

新幹線改札

スマートEXの使い方、メリット、往復割引、料金比較を詳しく解説

2020年1月13日

スマートEXは直前まで予約可能でひかり・こだま料金が200円割引

スマートEXは乗車直前まで予約・変更で、通常料金より200円安くなります。使いやすいチケットです。

代表的な区間の料金(ひかり・こだま指定席)は下記の通り。

  • 新大阪 ー 博多:15,080円(200円割引)
  • 新大阪 ー 広島:10,220円(200円割引)
  •  広島 ー 博多:  8,900円(200円割引)

 

各駅発着の新幹線料金

東海道・山陽新幹線の主要駅発着の新幹線料金は以下にまとめています。のぞみ・みずほ・さくら・ひかり・こだまに対応しています。