【50%OFF】GOTOキャンペーンで全国の新幹線旅行が激安になっています!
新幹線利用の方は要チェック!早い者勝ち >

おとなび

50歳以上なら誰でも利用できるJR西日本の「おとなび」は、山陽新幹線・特急の利用時にお得な無料の会員サービスです。

おとなび会員には、主に以下の3つの特典があります。

  1. おとなび格安旅行:会員限定の旅行商品。「新幹線+ホテル」セットが格安
  2. おとなびWEB早特:新幹線料金最大60%OFF
  3. おとなびWEBパス:新幹線・在来線乗り放題(3日間)

これらの「おとなび会員限定きっぷ・専用ツアー」を利用してお得な旅行が楽しめます。

特に❶は、往復の新幹線チケットと宿がセットになっているので特別割引料金です。おとなび会員だけが利用できる格安旅行で非常に人気が高いです。❷、❸は新幹線のみの利用に最適です。

おとなび格安旅行は予約・詳細はこちら。

ここでは「おとなび」のお得情報や上手な使い方、料金比較などを解説しています。

 

 

「おとなび」って何?50歳以上なら誰でも使えるお得サービス

おとなび会員

おとなびの利用条件は以下の通りです。

  • 50歳以上
  • J-WEST会員(登録無料)

おとなびは年会費無料

「おとなび」は完全無料です。
JRの他のシニア向けサービスには年会費が有料のものもありますが、「おとなび」は年会費、カード会員登録などは一切不要ですので50歳以上なら登録しておいて損はありません。魅力的でなければ使わなければいいだけです。

おとなびの利用ガイドやJ-WESTへの登録方法がわかりやすく解説されています。

メリットは冒頭でも紹介しましたが、新幹線・在来線が格安料金になる3つの「おとなび会員限定きっぷ・専用ツアー」を利用できることです。

  1. おとなび格安旅行:「新幹線+ホテル」格安パックツアー
  2. おとなびWEB早特:新幹線料金が最大60%OFF
  3. おとなびWEBパス:新幹線・在来線が乗り放題(3日間)

以下で1つずつ詳しく解説していきます。

 

① 往復旅行の予約は格安「新幹線パック」がおすすめ

おとなびツアー

おとなびを使った往復旅行を予約するなら、おとなび会員限定のツアーがおすすめです。特に宿泊ありの往復旅行は格安になります。

普通におとなびで往復の新幹線チケット予約して、宿を別にとるよりも、トータルの旅行コストがはるかに格安になります。

おとなび「新幹線パック」で新幹線往復旅行が格安!

おとなび格安旅行(新幹線+ホテル)

おとなび会員限定の「新幹線パック」は、下記2つがセットになった旅行商品です。

  • 新幹線往復チケット
  • 宿(ホテル、旅館)

新幹線と宿泊がセットになることで、料金が大幅割引になるのが最大の魅力です。例えば大阪⇔広島、大阪⇔博多のように特定の区間を1往復する旅行に最適です。

新幹線チケットとホテルを別々に予約するよりはるかに格安です。

おとなび「新幹線パック」の特長はこんな感じです。

  • 「新幹線+ホテル」セットで特別割引料金
  • 新幹線の種類(のぞみ、こだま等)を選べる
  • 新幹線の時間が自由に選べる
  • ホテルのグレード(格安〜高級)を選べる
  • 直前(3日前)まで予約可
  • 2人予約がお得(1人予約だと割高になる)

後述の「おとなびパス(おとなびWEBパス)」や「おとなびWEB早特」を使って旅行するよりもトータルの旅行料金が安くなる可能性が高いです。(もちろん旅行プランによって最適な方法は異なります)

おとなびを使って往復の格安旅行を検討している人はぜひ利用してください。

 

② 「おとなびパス(おとなびWEBパス)」で新幹線・特急が乗り放題

おとなびWEBパス

おとなびには、新幹線・特急が乗り放題になる「おとなびパス(おとなびWEBパス)」もあります。

おとなび会員なら誰でも利用できますが、期間限定の販売になります。

おとなびパスのポイント

「おとなびパス」の概要は以下の通りです。

  • JR西日本の新幹線・特急乗り放題
  • 3日間20,000円
  • ネット予約「e5489」からのみ購入可能
  • 1ヶ月前~7日前までに購入
  • 期間限定販売
  • 販売枚数限定

おとなびパスの料金と乗り放題可能な区間

おとなびWEBパス の料金は以下の通り。

  • 普通車用  :20,000円
  • グリーン用 :24,000円

おとなびパスで、以下に表記のJR西日本の新幹線・特急エリアが全て乗り放題です。

おとなびWEBパス乗り放題区間

新幹線は、新大阪ー博多間が乗り放題。京都駅は乗降できませんので在来線を利用します。北陸方面もJR西日本の管轄なので、金沢などへの旅行にも使えます。

おとなびパス利用期間

おとなびWebパスは毎年3回ほど利用期間が設定されます。

最新の利用期間は以下の通りです。

  • 発売期間:2019年12月15日 ~ 2020年3月6日
  • 利用期間:2020年1月15日 ~ 3月15日

ちなみに、過去の利用期間は以下の通りです。

  • 2020年1月15日 ~ 3月15日
  • 2019年12月1日 ~ 12月20日
  • 2019年5月22日 ~ 7月4日
  • 2019年1月16日 ~ 3月13日
  • 2018年11月27日 ~ 12月19日
  • 2018年5月15日 ~ 7月12日
  • 2018年1月16日 ~ 3月9日
  • 2017年12月1日 ~ 12月21日
  • 2017年5月9日 ~ 7月13日
  • 2017年1月17日 ~ 2月28日

今後も同時期に設定されることが期待できますが、保証はありません。

おとなびWEBパスの予約・購入方法

おとなびWEBパスを利用するには、J-WESTネット会員登録が必要です。初めての方にとってはやや面倒かもしれません。

おとなびWEBパスの予約・購入は以下の手順になります。(※2,3は順不同)

  1. 「e5489」サイトにアクセス
  2. J-WESTネット会員としてログイン(登録必須)
  3. おとなびWEBパスを検索する
  4. 日時、人数、乗車便などを指定する
  5. 個人情報を入力して予約、購入
  6. きっぷの受け取り(「e5489サービス」表示のあるJR西日本の「券売機」「受取機」「みどりの窓口」でご利用当日まで。)

登録手順の詳細やおとなび会員のメリットは以下にまとめられていますので、一度ご覧ください。

おとなびWEBパスの注意点

おとなびWEBパスはお得な乗り放題チケットですが、注意点もあります。以下に気をつけて下さい。

  • 7日前までのネット予約のみ
  • みどりの窓口等では買えない
  • 指定席は指定回数8回まで
  • 払い戻しの場合は手数料がかかる
  • 最大3名分までしか購入できない

 

③ 「おとなびWEB早特」で新幹線料金60%OFF

おとなびWEB早特

「おとなびWEB早特」は、早特という名称の通り、早めの予約で新幹線料金が割引になる早割チケットです。最大割引率は60%、最安区間は2,400円となります。

おとなびWEB早特のポイント

「おとなびWEB早特」の概要は以下の通りです。

  • 通常の新幹線きっぷに比べ最大60%割引
  • JR西日本の各区間の新幹線・特急2,400円~
  • ネット予約「e5489」からのみ購入可能
  • 1ヶ月前~7日前までに購入
  • 販売枚数限定

おとなびWEB早特の新幹線料金と乗り放題可能な区間

「おとなびWEB早特」 の主要区間の新幹線料金(乗車券+特急券)は以下の通りです。

  • 新大阪ー岡山:
    2,400円(こだま)/4,350円(のぞみ)
  • 新大阪ー広島:
    4,080円(こだま)/7,300円(のぞみ)
  • 新大阪ー博多:
    5,990円(こだま)/10,710円(のぞみ)

新幹線料金だけを見た場合、ほとんどのケースで「おとなびWEB早特」は最安になります。しかし、宿泊する旅行の場合は、「❶ おとなび新幹線パック」を利用するほうがおトクになるケースが多いです。

おとなびWEB早特の販売期間、利用期間

おとなびWEB早特は販売期間、利用期間が設定されています。

  • 発売期間:2020年6月23日まで
  • 利用期間:2020年6月30日まで

おとなびWEB早特の予約・購入方法

おとなびWEB早特の予約・購入はおとなびWEBパスと同じです。

以下の手順になります。(※2,3は順不同)

  1. 「e5489」サイトにアクセス
  2. J-WESTネット会員としてログイン(登録必須)
  3. おとなびWEB早特を検索する
  4. 日時、人数、乗車便などを指定する
  5. 個人情報を入力して予約、購入
  6. きっぷの受け取り(「e5489サービス」表示のあるJR西日本の「券売機」「受取機」「みどりの窓口」でご利用当日まで。)

おとなびWEB早特の注意点

おとなびWEB早特は割引が適用される分、乗車条件が少し厳しいです。以下に気をつけて下さい。

  • 7日前までのネット予約のみ
  • みどりの窓口等では買えない
  • 乗車便の変更はできない
  • 払い戻しの場合は手数料がかかる
  • 最大3名分までしか購入できない

 

おとなびの料金比較(新大阪ー博多 往復の場合)

おとなびが本当にお得なのか、新大阪-博多の新幹線料金で比較して見ましょう。

まず新幹線料金は以下の通り。

新大阪ー博多の新幹線料金一覧(片道・往復)

新大阪駅ー博多駅 片道 往復
のぞみ・みずほ 15,600円 29,240円
スマートEX
(のぞみ・みずほ)
15,400円 29,040円
さくら・ひかり・こだま 15,280円 28,600円
スマートEX
(さくら・ひかり・こだま)
15,080円 28,400円
自由席
スマートEX(自由席)
14,750円 27,540円
回数券
(金券ショップ)
13,520円 27,040円
eきっぷ、e特急券 13,490円 25,020円
EX予約 13,490円 24,620円
新幹線福岡・
大阪割引きっぷ
13,470円 ※販売終了
EX早特 11,200円 22,400円
スーパー早特きっぷ 10,480円 20,960円
新幹線パック 18,000円〜
こだまスーパー
早特きっぷ
8,660円 17,320円
バリ得こだま
7,500円 15,000円
バリ得こだまセール
※販売終了
6,900円 13,700円

新幹線だけならおとなびWEB早特がお得

上の料金リストをご覧の通り、日本旅行の「バリ得こだま」が最安ですが、これに対し、「おとなびWEB早特」は新大阪-博多が5,990円(こだま)なので、「おとなびWEB早特」がお得です。

ただし、おとなびWEB早特は7日前までの予約が必要なので、旅行直前ならバリ得こだまがおすすめします。

往復+宿泊ならおとなびWEB早特より「新幹線パック」

しかし、宿泊旅行となると、おとなびWEB早特は必ずしもお得ではありません。

「おとなびWEB早特」は新大阪-博多が5,990円(こだま)なので、往復すると11,980円。これに1泊7,000の宿代をプラスすると19,980円です。

一方、上の料金リストの「新幹線パック」を見ると、新大阪-博多は18,000円〜。こちらの方が安いです。

しかも、新幹線パックはのぞみにも乗車できます。「おとなびWEB早特」でのぞみに乗車すると10,710円。往復21,420円で、プラス1泊7,000円。合計28,420円となり差額は1万円以上。大きく差が開いてしまいました。

宿泊旅行のときは、おとなび会員限定の新幹線パックを利用しましょう。

 

おとなび「よくある質問」

おとなびに関して、よくある疑問などをまとめました。

おとなびのお問い合わせ

何か疑問等があれば、以下にお問い合わせするといいでしょう。

■JR西日本お客様センター
電話番号:0570-00-2486 または 078-382-8686(有料)

指定便に乗り遅れたら

「おとなびWEB早特」の場合は、乗り遅れたら指定列車以外の利用は一切できません。

「おとなびWEBパス」の場合は、後続の便の自由席等にに乗れます。「おとなびWEBパス」は、座席の指定が8回までできる乗り放題切符ですので、乗り遅れた列車の分だけ座席の指定回数が減るだけです。

キャンセル・取り消し

使用開始前のキャンセルに関しては、払いもどしが行われます。使用開始後は払い戻しがありません。

払いもどしには一定の手数料がかかります。詳細は下記を参照してください。

運行不能・遅延時はどうなる?

詳細は下記を参照してください。