【50%OFF】GOTOキャンペーンで全国の新幹線旅行が激安になっています!
新幹線利用の方は要チェック!早い者勝ち >

eきっぷは、山陽・九州新幹線と西日本の在来線特急、そして東京〜金沢の北陸新幹線を格安で利用できる早割チケット(特急券のみ)です。

ここでは、eきっぷに関して以下のような内容を詳しく解説しています。

  • eきっぷはどんなきっぷ?ポイント解説
  • eきっぷの料金・設定区間
  • eきっぷの使い方、予約方法、乗車方法
  • eきっぷを使わない方がいい場合
  • eきっぷと他の格安チケットとの比較

 

目次(好きなところから読める!)

「eきっぷ」とは

まずは、eきっぷって何?という人のために、eきっぷがどんなものかパッと見でわかるように、特徴を一覧表にまとめました。

eきっぷ
利用区間 JR西日本・九州・四国内の区間
利用できる人 J-WESTカード・JQ CARD会員
予約方法 パソコン・スマホから
予約変更 何度でも無料で可
乗車方法 券売機・受取機できっぷ発券
(一部チケットレスあり)
予約期限 当日まで購入可
料金
(特急料金)
新大阪ー博多:3,700円
大阪ー金沢 :2,340円
新大阪ー鹿児島中央:8,200円
乗車可能な列車 山陽・九州・北陸新幹線、在来線特急・急行・快速など
自由席 利用可
往復割引・
乗継割引
あり
グリーン車 利用可
子供料金 設定あり
キャンセル・
払い戻し手数料
  • 乗車日の2日前まで:
    指定席340円/自由席220円
  • 乗車前日以降:購入料金の30%
GW・お盆・
年末年始
利用可
途中下車 前途無効
学割・障害者割引 併用可

eきっぷの最大の魅力はやはり、特急料金が割引になることと、往復割引など他の割引と併用できるという点です。

上記項目を以降で1つ1つ詳しく解説していきます。

 

「eきっぷ」のポイントと仕組み

eきっぷの仕組みと概要を簡単に解説しましょう。

eきっぷのポイント

  • クレジットカード会員限定のサービス
  • 山陽・九州・北陸新幹線、在来線特急・急行・快速の特急券が格安
  • 当日まで購入可。出発6分前まで何度でも手数料無料で変更可
  • 乗車券は別に購入。往復割引、学割、障害者割引等とも併用可

「eきっぷ」は特急券のみ、乗車券は別に購入!

まず大事なことは、「eきっぷ」は特急券であるということです

eきっぷでお得に新幹線・特急を利用できますが、乗車券は別に購入が必要であるということは理解しておきましょう。

逆にいえば、eきっぷは学割や障害者割引で購入した乗車券を組み合わせることができるので、ダブルで割引にすることも可能です。eきっぷ+学割+往復割引というトリプル割引も可能です。

ただし、青春18きっぷはダメです。青春18きっぷは特急列車への乗車が制限されている特別企画乗車券です。

JR西日本・九州・四国の特急券がお得

eきっぷは、JR西日本・九州・四国が管轄する区間を中心に利用できます。

山陽・九州・北陸新幹線、JR西日本・九州の在来線特急・急行・快速などの特急券が格安です。

J-WESTカード会員、JQ CARD会員ならeきっぷを利用できる

「eきっぷ」は、JR西日本の「J-WESTカード」会員かJR九州の「JQ-CARD」会員限定のサービスです。どちらかのクレジットカードを持っていれば、誰でもeきっぷを利用できます。

また、eきっぷというとチケットレスっぽい響きですが、チケットレスサービスではありません。乗車前に駅窓口や券売機で予約したeきっぷを発券します。

eきっぷは、JR西日本のインターネット予約サービス「e5489」、JR九州の「JR九州インターネット列車予約サービス」から予約できます。カード会員ではない「J-WESTネット会員」もあり、こちらもe5489は利用できますがeきっぷは購入できません。

 

eきっぷの料金・設定区間

eきっぷが利用できる範囲は、JR西日本・九州・四国を中心に広きにわたります。

eきっぷの料金

eきっぷの代表的な区間の料金は以下の通りです。

通常料金
(特急券)
eきっぷ
新大阪-博多 5,810円 3,700円
大阪-金沢 2,950円 2,340円
新大阪-鹿児島中央 10,310円 8,200円

ご覧の通り、通常料金の特急券より数百円〜2,000円安くなります。

eきっぷは指定席も自由席も予約できますが、料金は同じなので指定席を利用した方がお得です。

山陽・九州新幹線(普通車指定席)の設定区間

eきっぷで利用できる山陽・九州新幹線(普通車指定席)の代表的な区間と料金は以下の通りです。上り下りどちらも利用できます。

eきっぷ
新神戸-博多 3,700円
岡山-広島 2,530円
新大阪-鹿児島中央 8,200円
広島-新神戸 3,700円
熊本-広島 5,010円

在来線特急(普通車指定席)の設定区間

eきっぷで利用できる在来線特急(普通車指定席)の代表的な区間と料金は以下の通りです。上り下りどちらも利用できます。

eきっぷ
大阪-金沢 2,340円
新大阪-紀伊田辺 1,250円
関西空港-京都 930円
岡山-松山 2,420円
高知-岡山 2,200円

北陸新幹線(普通車指定席、グリーン車、グランクラス)の設定区間

eきっぷで利用できる北陸新幹線(普通車指定席、グリーン車、グランクラス)の代表的な区間と料金は以下の通りです。上り下りどちらも利用できます。

eきっぷ
金沢-東京 6,250円
金沢-東京
(グリーン車)
11,500円
金沢-東京
(グランクラス)
19,880円
富山-大宮 5,420円

 

eきっぷの往復割引・乗継割引

eきっぷを利用した場合、長距離区間(600km超)の往復利用で往復割引が適用されます。

正確にいうと、往復割引が適用された乗車券(eきっぷとは別に購入)と併用することができます。eきっぷ自体は特急券なので、特急券には往復割引は適用されません。

eきっぷ+往復割引でさらにおトク

新幹線の乗車券は、片道601キロ以上の区間を往復予約する場合に往復割引が適用され乗車券が1割引になります。

新大阪ー博多(往復)を例にとると、通常料金とeきっぷの料金はそれぞれ以下の通りです。

新大阪ー博多
(往復割引料金)
通常料金
(のぞみ指定席)
29,240円
通常料金
(自由席)
27,540円
eきっぷ
(のぞみ指定席)
25,020円
eきっぷ
(自由席)
25,020円

eきっぷは片道利用でもお得ですが、往復の場合も往復割引と併用可能なので通常料金より格安です。

JRの「お得なきっぷ」や旅行会社が販売する格安チケットの多くは、往復割引がきかないことが多い中、eきっぷは珍しい存在といえるでしょう。

ただし、eきっぷを使わない方が良い場合もありますので要注意です。(詳細後述)

新幹線の往復割引についてはこちらで詳しくまとめています。
関連ページ:JR新幹線の往復割引は本当にお得?料金、買い方、新幹線往復きっぷ

eきっぷの乗継割引

eきっぷには乗継割引もあります。

通常の乗継割引は、新幹線〜在来線特急を乗り継ぐ際に特急料金が半額になります。これと同様に、eきっぷには専用の乗り継ぎ割引があり、e5489で「乗り継ぎ用のeきっぷ」が購入できます。割引率は区間によります。通常の乗継割引よりお得です。

この「乗り継ぎ用のeきっぷ」は、1つの予約において、新幹線用のeきっぷと乗り継いで利用する場合に適用されます。単独で購入することはできません。

新幹線の乗継割引についてはこちらで詳しくまとめています。
関連ページ:【新幹線の乗継割引】特急料金が半額に!乗り継ぎ割引のお得な使い方

 

eきっぷはグリーン車・自由席も利用可、子供設定もあり

eきっぷの利用範囲は広く、グリーン車、自由席、子供設定もあります。

自由席

eきっぷで自由席も利用できます。

ただし、eきっぷの指定席と自由席は同じ料金なので、自由席を選ぶメリットはありません。

グリーン車

eきっぷはグリーン車もお得に利用できます。

北陸新幹線などのグランクラスも料金設定があります。

こども料金

eきっぷにはこども料金の設定もあります。こども料金(小児)は半額です。

eきっぷは学割・障害者割引と併用できる

eきっぷは学割や障害者割引と併用可能です。

ただし、学割、障害者割引は駅の窓口でしか利用できませんので、乗車券は窓口で購入、eきっぷはネットで購入して組み合わせて使用することになります。

 

eきっぷの予約方法、買い方、乗車方法

eきっぷの予約方法、使い方は簡単です。

eきっぷの予約

eきっぷは、JR西日本のインターネット予約サービス「e5489」、JR九州の「JR九州インターネット列車予約サービス」からオンラインで予約&購入します。

eきっぷの予約手順

e5489予約画面

まず、e5489にログインします。J-WESTネット会員でない人はまずは登録から。

eきっぷを選択し、日時・区間・人数等を入力します。

簡単な流れは以下の通りです。

  • 予約方法選択
  • 条件入力
  • 経路・設備・きっぷ選択
  • 人数・座席・乗車券選択
  • 最終確認
  • 予約・申込終了

eきっぷの受け取り、乗車方法

eきっぷはチケットレスサービスではないので、予約したきっぷを発券する必要があります。

予約したきっぷの受取りは 下記の場所で行えます。

e5489券売機
  • 「5489サービス」の表示のあるJR西日本・JR四国の駅の「券売機・受取機」「みどりの窓口」
  • JR九州の主な駅の「券売機・受取機」「みどりの窓口」
  • JR東日本の北陸新幹線の各駅
  • 東京都区内の主な駅の「券売機」「みどりの窓口」

受取りには、決済時に利用したクレジットカード、予約番号(「券売機」「受取機」で受け取る場合はこれらに加え、決済時に登録している電話番号下4桁)が必要です。

e5489きっぷ受取り

eきっぷを発券後は改札を通り列車に乗車します。

eきっぷは年末年始・GW・お盆も使える

eきっぷは混雑期(年末年始・GW・お盆)も使えます。

JRの混雑期(年末年始・GW・お盆)に関してはこちらで詳しくまとめています。
関連ページ:年末年始・GW・お盆に使える新幹線の割引・格安チケットはある?

 

eきっぷの変更・座席変更・キャンセル・払い戻し

eきっぷは変更やキャンセルに対して柔軟です。

列車変更・座席変更

きっぷの受け取り前であれば、一度予約したeきっぷの列車や座席の変更は何度でも無料で可能です。乗車の6分前まで変更可能ですので、突然予定が変わったときや、乗り遅れそうなときなども柔軟に対応可能です。

初回予約から3ヶ月後まで変更可能です。

キャンセル・払い戻し手数料

eきっぷのキャンセルによる払い戻し手数料は以下の通り。

  • 乗車日の2日前まで:
    指定席券340円/自由席券220円
  • 乗車前日以降:購入料金の30%

使用開始後は払い戻しできません。

eきっぷは途中下車できる?

eきっぷの途中下車について、公式サイトには以下のように書かれています。

途中下車することはできません。途中駅で下車された場合は、前途無効となります。

「できない」といいつつ「前途無効になる」とありますので、できるということでしょう。

 

eきっぷのデメリット、eきっぷを使わない方がいい場合

新幹線や特急の料金を安くするためにeきっぷを使うのですが、実際、eきっぷより安いチケットはたくさんあります。

以下のようなケースは、eきっぷを使わない方が良いです。

JRの早割チケット、早特商品を利用する場合

JRから売り出されている早割チケット(早特商品)でeきっぷより格安なものはたくさんあります。

新大阪ー博多の新幹線料金(総額)で比べてみます。のぞみ指定席を利用した場合です。

新大阪ー博多
通常料金
(のぞみ指定席)
15,600円
スマートEX 15,400円
eきっぷ 13,490円
EX予約 13,490円
EX早特 12,000円(平日)
11,200円(土休日)
スーパー早特きっぷ 10,480円

ご覧の通り、14日までの予約で利用可能な「スーパー早特きっぷ」が最安です。eきっぷより3,000円も安いです。EX早特も3日前までの予約で格安です。

スーパー早特きっぷについてはこちらで詳しくまとめています。
関連ページ:「スーパー早特きっぷ」よりお得な格安チケット
EX早特についてはこちらで詳しくまとめています。
関連ページ:EX早特で長距離新幹線がおトク!料金、買い方・使い方、デメリットまで詳しく解説

宿泊する場合

新幹線パック

旅行・出張などで宿泊する場合は、新幹線パックを利用した方がいいです。

新幹線チケットと宿がセットで大幅割安料金になります。eきっぷはあくまで新幹線の特急料金のみが安くなるだけなので、トータルのコストでみると新幹線パックの方が大抵の場合安くなります。

新大阪ー博多(往復)の料金でみると以下の通りです。

新大阪ー博多
(往復)
eきっぷ 25,020円
新幹線パック 18,000円〜
※1泊料金込み

新幹線パックは宿代込みの料金でも、はるかにeきっぷより安いのでちょっと比較になりません。

新幹線パックについてはこちらで詳しくまとめています。
関連ページ:【新幹線パック】一人もOK!宿泊付き!新幹線ホテルパックはなぜ安い?

こだまの格安きっぷを使う場合

バリ得プラン山陽版

「いつも、こだま(ひかり)の格安チケットで新幹線に乗っている」という人はeきっぷは不要です。

例えば、山陽新幹線なら「バリ得こだま」があり、料金はこちらの方が格安です。料金面だけならeきっぷを選ぶ必要が全くありません。

新大阪ー博多
(片道)
eきっぷ 13,490円
こだまスーパー早特きっぷ 8,660円
バリ得こだま 7,600円

こだまスーパー早特きっぷもかなりお得ですが、14日前までの予約が必要なので利用が難しい早割チケットです。バリ得こだまは3日前までで格安なので、こちらの方が使いやすいです。

バリ得こだまについてはこちらで詳しくまとめています。
関連ページ:【格安4,500円〜】「バリ得こだま」で新幹線(博多・広島・岡山・大阪)が安くなる
こだまスーパー早特きっぷについてはこちらで詳しくまとめています。
関連ページ:【最安6,100円】こだまスーパー早特きっぷ よりお得な格安チケット達

 

eきっぷとe特急券は違うの?

eきっぷと似たようなチケットとして「e特急券」があります。eきっぷ同様、e特急券も特急券のみの販売で乗車券は別に購入する必要があります。

eきっぷとe特急券はどう違うのでしょうか。混同しやすいので解説していきます。

e特急券についてはこちらで詳しくまとめています。
関連ページ:e特急券で新幹線がおトクに!は本当?料金、割引率、買い方・使い方を詳しく解説!

「e特急券」は新幹線のみ

e特急券は東海道・山陽新幹線で利用できる割引特急券です。一方eきっぷは、先述の通り、新幹線に加えて在来線特急も利用できます。この点が大きな違いです。

e特急券はネット予約サービス「エクスプレス予約」会員が購入できます。

エクスプレス予約についてはこちらで詳しくまとめています。
関連ページ:エクスプレス予約(EX予約)はお得?割引料金・アプリの使い方等を詳しく解説

eきっぷは東海道新幹線には使えない

e特急券は東海道新幹線で利用できますが、eきっぷは利用できません。

  • eきっぷ:山陽新幹線、九州新幹線、北陸新幹線
  • e特急券:山陽新幹線、東海道新幹線

山陽新幹線では同料金

山陽新幹線ではeきっぷもe特急券も料金は全く同じです。

e特急券は乗継割引が使えない

e特急券を利用すると、在来線との乗り継ぎの際に乗継割引が使えません。一方、eきっぷには「乗り継ぎ用のeきっぷ」が販売されています。

つまり、山陽新幹線と在来線特急を乗り継ぐ際はeきっぷを利用した方がおトクということになります。