新幹線の回数券は、同じ区間を何度も往来する人にとってお得なきっぷです。割引率は約5〜7%。

ここでは、山陽新幹線の回数券について書いています。回数券の特長、使い方の解説や、各区間の料金などを一覧表にまとめています。

まず、新幹線回数券の概要を簡単にまとめると下記の通り。

  • JRの駅窓口で販売(自動券売機では購入不可)
  • 6枚綴りの1セット単位で販売
  • 当日まで購入可
  • 購入日から3ヶ月間が有効期限
  • 全区間に回数券がある訳ではない
  • 短中距離区間は「自由席」の回数券
  • 長距離区間は「指定席」の回数券

ちなみに、金券ショップで売られている格安チケットも回数券のバラ売りです。

 

回数券は約5〜7%お得!回数券の買い方、使い方

回数券の割引率は5〜7%程度。山陽新幹線の「のぞみ号」「みずほ号」「ひかり号」「さくら号」「こだま号」の自由席/指定席が利用できます。

回数券の買い方・使い方の要点をまとめると下記の通りです。

  • 子供料金の設定なし
  • 自由席回数券は、おとな1枚でこども2人が利用可
  • 指定席回数券は、おとな1枚でこども2人不可
  • 双方向利用可
  • 学割の適用はなし
  • 乗継割引の適用はなし
  • 他の割引との併用は不可
  • 途中下車可(ただし前途無効)
  • GW、お盆休み、年末年始の利用不可

 

新大阪発着の回数券

自由席回数券

  • 新大阪~新神戸:  8,700円(1,450円)
  • 新大阪~西明石:15,000円(2,500円)
  • 新大阪~姫路 :18,240円(3,040円)
  • 新大阪~相生 :25,080円(4,180円)
  • 新大阪~岡山 :31,440円(5,240円)
  • 新大阪~新倉敷:39,540円(6,590円)
  • 新大阪~福山 :42,120円(7,020円)
  • 新大阪~新尾道:43,500円(7,250円)
  • 新大阪~三原 :45,540円(7,590円)
  • 新大阪~東広島:53,340円(8,890円)

指定席回数券

  • 新大阪~広島 :59,100円(9,850円)
  • 新大阪~新岩国:62,880円(10,480円)
  • 新大阪~徳山 :69,120円(11,520円)
  • 新大阪~新山口:72,900円(12,150円)
  • 新大阪~小倉 :81,120円(13,520円)
  • 新大阪~博多 :81,120円(13,520円)

 

新神戸発着の回数券

自由席回数券

  • 新神戸~西明石:  7,200円(1,200円)
  • 新神戸~姫路 :15,360円(2,560円)
  • 新神戸~相生 :17,220円(2,870円)
  • 新神戸~岡山 :28,920円(4,820円)
  • 新神戸~新倉敷:30,900円(5,150円)
  • 新神戸~福山 :39,600円(6,600円)
  • 新神戸~三原 :41,580円(6,930円)

指定席回数券

  • 新神戸~広島 :57,840円(9,640円)
  • 新神戸~徳山 :64,080円(10,680円)
  • 新神戸~新山口:71,040円(11,840円)
  • 新神戸~小倉 :81,120円(13,520円)
  • 新神戸~博多 :81,120円(13,520円)

 

西明石発着の回数券

自由席回数券

  • 西明石~岡山 :26,340円(4,390円)
  • 西明石~福山 :30,900円(5,150円)
  • 西明石~広島 :47,400円(7,900円)

指定席回数券

  • 新神戸~広島 :57,840円(9,640円)
  • 新神戸~徳山 :64,080円(10,680円)
  • 新神戸~新山口:71,040円(11,840円)
  • 新神戸~小倉 :81,120円(13,520円)
  • 新神戸~博多 :81,120円(13,520円)

 

姫路発着の回数券

自由席回数券

  • 姫路~岡山  :18,240円(3,040円)
  • 姫路~福山  :28,920円(4,820円)
  • 姫路~広島  :43,980円(7,330円)
  • 姫路~新山口 :59,700円(9,950円)

指定席回数券

  • 姫路~小倉  :73,500円(12,250円)
  • 姫路~博多  :79,800円(13,300円)

 

相生発着の回数券

自由席回数券

  • 相生~岡山  :12,300円(2,050円)

 

岡山発着の回数券

自由席回数券

  • 岡山~新倉敷 :  7,860円(1,310円)
  • 岡山~福山  :15,360円(2,560円)
  • 岡山~新尾道 :17,220円(2,870円)
  • 岡山~三原  :18,240円(3,040円)
  • 岡山~東広島 :26,340円(4,390円)
  • 岡山~広島  :31,440円(5,240円)
  • 岡山~徳山  :43,980円(7,330円)
  • 岡山~新山口 :47,760円(7,960円)

指定席回数券

  • 岡山~小倉  :62,880円(10,480円)
  • 岡山~博多  :71,700円(11,950円)

 

新倉敷発着の回数券

自由席回数券

  • 新倉敷~広島 :26,340円(8,780円)

 

福山発着の回数券

自由席回数券

  • 福山~東広島 :17,220円(2,870円)
  • 福山~広島  :21,360円(7,120円)
  • 福山~徳山  :33,300円(5,550円)
  • 福山~新山口 :43,980円(7,330円)
  • 福山~新下関 :49,380円(8,230円)

指定席回数券

  • 福山~小倉  :59,100円(9,850円)
  • 福山~博多  :64,080円(10,680円)

 

新尾道発着の回数券

自由席回数券

  • 新尾道~広島  :18,240円(3,040円)

 

三原発着の回数券

自由席回数券

  • 三原~広島   :13,260円(2,210円)

 

東広島発着の回数券

自由席回数券

  • 東広島~広島  :8,400円(1,400円)

 

広島発着の回数券

自由席回数券

  • 広島~新岩国 :  9,360円(1,560円)
  • 広島~徳山  :19,260円(3,210円)
  • 広島~新山口 :26,400円(4,400円)
  • 広島~厚狭  :30,900円(10,300円)
  • 広島~新下関 :32,940円(5,490円)
  • 広島~小倉  :39,600円(6,600円)

指定席回数券

  • 広島~博多  :50,880円(8,480円)

 

新岩国発着の回数券

自由席回数券

  • 新岩国~新山口:19,260円(3,210円)
  • 新岩国~新下関:28,380円(4,730円)
  • 新岩国~小倉 :30,900円(5,150円)
  • 新岩国~博多 :43,500円(7,250円)

 

徳山発着の回数券

自由席回数券

  • 徳山~新山口 :  9,360円(1,560円)
  • 徳山~新下関 :25,080円(8,360円)
  • 徳山~小倉  :26,400円(8,800円)
  • 徳山~博多  :33,300円(5,550円)

 

新山口発着の回数券

自由席回数券

  • 新山口~新下関:12,300円(2,050円)
  • 新山口~小倉 :18,240円(3,040円)
  • 新山口~博多 :28,920円(4,820円)

 

厚狭発着の回数券

自由席回数券

  • 厚狭~小倉  :14,580円(2,430円)
  • 厚狭~博多  :25,080円(4,180円)

 

新下関発着の回数券

自由席回数券

  • 新下関~小倉 :  6,840円(1,140円)
  • 新下関~博多 :17,580円(2,930円)

 

小倉発着の回数券

自由席回数券

  • 小倉~博多  :11,940円(1,990円)

 

自由席回数券と指定席回数券

各区間で自由席か指定席かを選べるわけではありません。

短中距離の回数券は自由席、長距離区間の回数券は指定席とあらかじめ決められています。

自由席回数券の使い方

乗車当日に、回数券1枚をそのまま駅の自動改札機に通すだけで乗車できます。

当然、自由席にのみ乗車できます。ただし、差額を払えば指定席に座ることもできます。JRのHPには以下のように記載されています。

ご乗車後、車内において空席があり、運輸上支障がないと認められる場合は、自由席と指定席との差額をお支払いいただき、普通車指定席への変更ができます。

指定席回数券の使い方

窓口または自動券売機で指定席を予約します。指定席予約は出発の1ヶ月前から可能です。出発時刻前なら何度でも予約した指定席を取り消すことができます。

希望の列車の指定席が満席でも、自由席に座ることができます。ただし、差額は払い戻しされません。

もし予約した列車に乗り遅れた場合、当日なら後続の自由席に乗ることができます。また翌日以降も、乗車券としては利用できます。JRのHPには以下のように記載されています。

指定された乗車日の当日に限り、後続列車の普通車自由席にご乗車になれます。指定された乗車日の翌日以降にご乗車になる場合は、きっぷの有効期間内は乗車券部分のみ有効となり、新幹線にご乗車になる場合は、別に特急券(グリーン車をご利用の場合は特急券+グリーン券)の購入が必要です。

 

回数券の払い戻し

新幹線回数券は、6枚すべて未使用で有効期限内の場合のみ払い戻せます。

払い戻し手数料は220円。一枚でも使ってしまったら払い戻せませんので、使いきれない場合などは、金券ショップやメルカルで売るのがいいでしょう。

 

金券ショップの回数券バラ売りはお得なのか?

よく、新幹線の格安チケットの代表として金券ショップがあげられますが、正直そんなにお得ではありません。

上述の通り、そもそも回数券の割引率は5〜7%と低いですし、そこに金券ショップの手数料が加算されると、わざわざ金券ショップを探して手に入れる労力に見合うかどうかは微妙です。

「格安でいきたい」意識が高いのあれば、回数券より、JRの早割きっぷや旅行会社の格安チケットを利用するのが最も賢い方法です。

例として、博多ー新大阪の新幹線チケット一覧を見てみましょう。

新大阪駅ー博多駅 片道 往復
のぞみ・みずほ 15,600円 29,240円
スマートEX
(のぞみ・みずほ)
15,400円 29,040円
さくら・ひかり・こだま 15,280円 28,600円
スマートEX
(さくら・ひかり・こだま)
15,080円 28,400円
自由席
スマートEX(自由席)
14,750円 27,540円
回数券
(金券ショップ)
13,520円 27,040円
eきっぷ、e特急券 13,490円 25,020円
EX予約 13,490円 24,620円
新幹線福岡・
大阪割引きっぷ
13,470円 ※販売終了
EX早特 11,200円 22,400円
スーパー早特きっぷ 10,480円 20,960円
新幹線パック 18,000円〜
こだまスーパー
早特きっぷ
8,660円 17,320円
バリ得こだま
7,600円 15,200円
バリ得こだまセール
※販売終了
6,900円 13,700円

ご覧の通り、回数券はお得度は数百円〜千円程度ですが、他の格安チケットなら40〜50%割引というケースもあります。賢く利用しましょう!