東海道新幹線の格安チケットの代表として「ぷらっとこだま」があります。

名称の通り、こだま限定ですが格安で指定席に座れるので人気の高い格安チケットです。

代表的な区間の料金は下記の通り。

  • 東京・品川 ー 新大阪:10,700円
  • 東京・品川 ー 京都 :10,500円
  • 東京・品川 ー 名古屋:  8,500円
  •   新大阪 ー 名古屋:  4,500円
  •   新横浜 ー 新大阪:10,600円

ぷらっとこだまは、回数券やスマートEX、エクスプレス予約などと比べても、はるかに格安です。(詳細後述)

詳しく解説していきましょう。

 

「ぷらっとこだま」って何?まずはポイント解説!

ぷらっとこだま

まずは、「ぷらっとこだま」って何?という人のために「ぷらっとこだま」がどんなものかパッと見でわかるように、特徴を一覧表にまとめました。

ぷらっとこだま
利用区間 東海道新幹線(東京~新大阪間)の特定区間
利用できる人 誰でも利用可
予約方法 JR東海ツアーズ店舗またはHP、電話
予約変更 不可
予約期限 前日〜6日前まで
料金  東京ー名古屋:  8,500円
東京ー新大阪:10,700円
名古屋ー新大阪:  4,500円
乗車可能な列車 「こだま」限定
自由席 利用不可
往復割引 なし
グリーン車 利用可
子供料金 設定あり(約30%割引)
キャンセル・
払い戻し手数料
10日前まで:無料
7日前まで:20%
前日まで:30%
前日:40%
当日:50%(出発時刻前まで)
GW・お盆・
年末年始
利用可(繁忙期料金)
途中下車 不可
学割・障害者割引 併用不可

ぷらっとこだまの最大の魅力はやはり、料金が超格安という点です。

上記項目を以降で1つ1つ詳しく解説していきます。

 

ぷらっとこだまの仕組みと利用対象者

ぷらっとこだまが利用できる区間、利用方法などをまず解説します。

東京ー新大阪で利用可能

ぷらっとこだまは、東海道新幹線(東京〜新大阪)の特定区間で利用できます。

ただし、設定があるのは東京・品川、新横浜、静岡、浜松、名古屋、京都、新大阪発着の区間だけで、東京ー新大阪間の全区間で利用できるわけではありません。(設定区間は詳細後述)

誰でもぷらっとこだまを利用できる

ぷらっとこだまは誰でも利用可能な旅行商品です。

JRのEXサービスのように会員限定サービスではありません。JR東海ツアーズの店舗またはHP、電話で予約可能です。

 

ぷらっとこだまの料金・設定区間(東京・品川・新横浜・静岡・浜松・名古屋・京都・新大阪)

ぷらっとこだまが利用できるのは、東京・品川・新横浜・静岡・浜松・名古屋・京都・新大阪の8駅。

残りの東海道新幹線駅、小田原・三島・新富士・掛川・豊橋・三河安城・岐阜羽島・米原の8駅の乗降では利用できません。

各駅からのぷらっとこだまの料金は以下の通りです。

東京・品川からの料金

乗車駅:東京・品川
東京・品川
新横浜
静岡 ¥4,800
浜松 ¥6,800
名古屋 ¥8,500
京都 ¥10,500
新大阪 ¥10,700

新横浜からの料金

乗車駅:新横浜
東京・品川
新横浜
静岡 ¥4,700
浜松 ¥6,600
名古屋 ¥8,300
京都 ¥10,300
新大阪 ¥10,600

静岡からの料金

乗車駅:静岡
東京・品川 ¥4,800
新横浜 ¥4,700
静岡
浜松
名古屋 ¥4,800
京都 ¥7,900
新大阪 ¥8,400

浜松からの料金

乗車駅:浜松
東京・品川 ¥6,800
新横浜 ¥6,600
静岡
浜松
名古屋 ¥3,800
京都 ¥6,800
新大阪 ¥7,300

名古屋からの料金

乗車駅:名古屋
東京・品川 ¥8,500
新横浜 ¥8,300
静岡 ¥4,800
浜松 ¥3,800
名古屋
京都 ¥4,400
新大阪 ¥4,500

京都からの料金

乗車駅:京都
東京・品川 ¥8,500
新横浜 ¥8,300
静岡 ¥4,800
浜松 ¥3,800
名古屋
京都 ¥4,400
新大阪 ¥4,500

新大阪からの料金

乗車駅:新大阪
東京・品川 ¥10,700
新横浜 ¥10,600
静岡 ¥8,400
浜松 ¥7,300
名古屋 ¥4,500
京都
新大阪

 

ぷらっとこだまはグリーン車利用OK、自由席は利用不可

ぷらっとこだまにはグリーン車設定、こども設定もあります。自由席は利用できません。

グリーン車

ぷらっとこだまは、普通車指定席同様にグリーン車も安いです。

ぷらっとこだまの普通車指定席の料金との比較は以下の通り。

ぷらっとこだま
普通車車料金
ぷらっとこだま
グリーン車料金
東京ー静岡 ¥4,800 ¥6,900
東京ー浜松 ¥6,800 ¥8,800
東京ー名古屋 ¥8,500 ¥9,500
東京ー京都 ¥10,500 ¥12,000
東京ー新大阪 ¥10,700 ¥12,200

こども料金

ぷらっとこだまにはこども料金の設定もあります。

ぷらっとこだま
おとな料金
ぷらっとこだま
こども料金
東京ー新大阪 ¥10,700 ¥7,400
東京ー京都 ¥10,500 ¥7,200
東京ー名古屋 ¥8,500 ¥5,700
新大阪ー名古屋 ¥4,500 ¥3,300
新横浜ー新大阪 ¥10,600 ¥7,300

子連れの家族旅行などの場合は、他の子供料金設定のあるチケットを利用した方が安くなります。(後述)

自由席

ぷらっとこだまで自由席は利用できません。

 

ぷらっとこだまの往復割引

ぷらっとこだまに往復割引はありません。

ぷらっとこだまで東京ー新大阪は10,700円ですので、往復は単純に2倍、21,400円となります。

そもそも、ぷらっとこだまが設定されている東京ー新大阪間にはJRの通常料金でも往復割引が適用される区間はありません。往復割引は片道601km以上の長距離区間に適用されますが、もっとも遠い東京ー新大阪でも片道600km未満です。

往復の場合の料金比較は、あとで詳しく解説しています。

 

ぷらっとこだまのメリット・デメリット

ぷらっとこだまのメリット、デメリットをまとめておきます。

ぷらっとこだまのメリット

  • 指定席が格安
  • グリーン車も格安
  • 1ドリンク付き
  • ひとりでも利用可能
  • GW・お盆・年末年始も利用可
  • 前日まで購入できる

ここまで書いたように、ぷらっとこだまの最大のメリットは料金です。指定席はもちろんグリーン車も格安。東京ー新大阪なら通常のきっぷより3,000円以上割安です。

ぷらっとこだまは一人でも利用可能

「一人でも利用可能」というのも、ぷらっとこだまの大きなメリットの一つです。

格安チケットの中には、二人以上という条件がついているものが多いです。例えば、EX予約サービスの「EXこだまファミリー早特」やJR西の「こだま指定席きっぷ」なども一人では使えません。

ぷらっとこだまのデメリット

料金が安い代わりに制約、デメリットもあります。

  • 主要駅しか設定がない
  • 時間がかかる
  • ひかりに乗車できない
  • 満席なら購入不可
  • こども料金はそれほど安くない
  • 学割、乗り継ぎ割引などとは併用できない
  • JR窓口等では購入できない

東海道新幹線の主要駅しか設定がない

こだまは東海道新幹線全駅に停車するわけですが、ぷらっとこだまが利用できる駅は限られています。

利用可能な駅/利用できない駅は以下の通り。

  • 利用できる駅:東京・品川・新横浜・静岡・浜松・名古屋・京都・新大阪
  • 利用できない駅:小田原・三島・新富士・掛川・豊橋・三河安城・岐阜羽島・米原

時間がかかる、ひかりに乗車できない

こだま乗車限定なので仕方ありませんが時間はかかります。東京ー大阪で約4時間です。

のぞみなら2時間半弱ですから、ぷらっとこだまはやはり時間は犠牲にしなくてはいけません。

また、通常のきっぷや他の格安チケットなら、ひかりもこだまも同料金で利用可能なのですが、ぷらっとこだまはひかりにも乗れません。

席数限定、満席なら購入不可

当然ですが、席に限りはあります。

特に、GW、お盆、年末年始はこだまといえど満席になります。席が空いていなければ、ぷらっとこだまも指定席を確保できませんので購入できません。

こども料金はそれほど安くない

これは結構、大きなデメリットです。

こどものきっぷ料金はたいてい半額ですが、ぷらっとこだまは半額ではありません(6割程度)。

なので、こどもを含む家族・グループ旅行の場合は、他の格安きっぷを利用した方がお得になるケースもあります。

学割、乗り継ぎ割引、往復割引とは併用できない

ぷらっとこだまを使ってしまうと学割、乗り継ぎ割引などは利用できません。往復割引もありません。

学生の方や、在来線の特急に乗り継ぐ人は、ぷらっとこだまを使わないほうが安いケースも出てくるでしょう。

JR窓口等では購入できない

デメリットというか、勘違いしている人が多いです。

ぷらっとこだまは、JRの窓口で予約&購入できません。

ぷらっとこだまはJRが販売しているきっぷではありません。JR東海ツアーズが販売している旅行商品なので、JR東海ツアーズのネットか電話、実店舗で予約&購入します。

 

ぷらっとこだまの予約、購入、使い方

ぷらっとこだまの予約方法、購入方法、使い方はすごく簡単です。

予約、購入方法

ぷらっとこだまの予約方法は3つ。

  1. インターネットで予約・購入
  2. 電話で予約・購入
  3. JR東海ツアーズ店舗で予約・購入

インターネットの場合は「e-ぷらっとネット(会員登録要)」から、電話の場合は「ぷらっとこだまコールセンター」から予約&購入します。

ぷらっとこだまの空席照会は以下のページから行えます。
ぷらっとこだま空席照会

予約期限

インターネット、電話の場合、支払いはクレジットカードのみで、予約期限は5,6日前まで(郵送受け取りの場合)となります。

JR東海ツアーズの店舗購入であれば、現金支払い可能で、出発の1日前でも購入できます。

使い方

ぷらっとこだまの使い方は何も難しくはありません。郵送または店舗で手にしたチケットをもって改札にいくだけです。

いちおう、ぷらっとこだまはツアー商品ですが集合などはありませんし、もちろん行動も自由です。

 

ぷらっとこだまのキャンセル・払い戻しなど注意点

ぷらっとこだまを利用する場合は、以下の点に注意してください。

  • 当日購入は不可
  • 変更ができない
  • 出発10日前からは払戻手数料がかかる
  • 乗り遅れると完全無効

当日購入は不可

ぷらっとこだまは、当日購入はできません。

JR東海ツアーズの店舗なら、前日まで購入できます。電話で郵送受け取りなら6日前、インターネット予約なら5日前までです。

変更ができない

一旦、払い戻して再予約という手続きになります。

払戻手数料は出発10日前から発生

ぷらっとこだまの払い戻しは10日前から手数料がかかりますので、注意してください。

払い戻し手数料
11日前まで 無料
10日前 旅行代金の20%
7日前 旅行代金の30%
前日 旅行代金の40%
当日 旅行代金の50%
旅行開始後 旅行代金の100%
(払い戻しなし)

乗り遅れると完全無効

通常の指定席券の場合、乗り遅れても後続の列車の自由席に乗れます。

ぷらっとこだまはそれができません。完全無効になります。

 

「ぷらっとこだま」はGW、お盆、年末年始に利用できる?

ぷらっとこだまは、GW・お盆・年末年始も利用することができます。

GW・お盆・年末年始は「繁忙期料金」

ただし、GW・お盆・年末年始は「通常期」ではなく「繁忙期」の料金が適用されます。

繁忙期料金は以下の通り。

ぷらっとこだま
通常料金
ぷらっとこだま
繁忙期料金
東京ー新大阪 ¥10,700 ¥12,300
東京ー京都 ¥10,500 ¥11,900
東京ー名古屋 ¥8,500 ¥9,700
新大阪ー名古屋 ¥4,500 ¥5,300
新横浜ー新大阪 ¥10,600 ¥11,900

通常期より1,000円〜1,500円高くなりますが、それでも、回数券やスマートEXよりは安いです。

ただし、学割などを利用できる人は、そちらを優先した方がいいかもしれません。

 

ぷらっとこだま、台風で運休・遅延のときはどうなる?

ぷらっとこだまで列車予約していて、台風で乗車予定の新幹線が運休・遅延したらどうなるでしょう?

運休時の扱い

JR東海ツアーズの「よくある質問」に以下のように記載があります。

【ぷらっとこだま】利用列車が運休となった場合、どうすればいいですか。

【お電話(ぷらっと旅・コールセンター)でお申込み】
ご旅行は催行中止となります。速やかにぷらっとこだまコールセンターにお申し出ください。
ぷらっとこだまコールセンターが休業日もしくは営業時間外のため連絡できない場合は、翌営業日の営業時間内にお申し出ください。その後、「すべてのクーポン券類」をクーポンカバーに記載の住所へお客様負担でご返送ください。
到着後、払い戻しさせていただきます。なお、 配送事故等によ りクーポン券類が届かない場合は責任を負いかねます。

【店舗でお申込み】
ご旅行は催行中止となります。速やかにお申込み店舗にお申し出ください。店舗休業日もしくは営業時間外のため連絡できない場合は、翌営業日の営業時間内にお申し出ください。その後、「すべてのクーポン券類」をお申込み店舗にご持参ください。払い戻しさせていただきます。

遅延時の扱い

【ぷらっとこだま】荒天(台風・大雨・落雷・大雪など)及び災害・事故等で、乗車予定の新幹線が2時間以上遅延した場合どうしたらいいですか。

ご乗車の列車が所定の到着より2時間以上遅れた場合は当社で定めた金額を払い戻しいたします。着駅で新幹線のチケットに「遅払証(新幹線が遅延した際に改札で受ける証明)」を受けていただき、ぷらっと旅程表とともにクーポンカバーに記載の住所へお客様負担でご返送ください。 弊社で受領後、手続きを行い、所定の金額を払い戻しいたします。なお 、 配送事故等によりクーポン券類が届かない場合は責任を負いかねます。

ぷらっとこだまカスタマーコールセンター

何かトラブルが発生したり、疑問・質問、不安がある場合は、コールセンターに確認してください。

  • ぷらっとこだまコールセンター:03-6865-5255
    (全日10:00〜18:00 年中無休<年末年始を除く>)

 

ぷらっとこだまは最安?本当にお得なの?

ぷらっとこだまは格安だと解説してきました。しかし、ぷらっとこだまが必ずしも最安とは限りません。ケースによってはより格安な方法もあります。

ここではまず、以下の3つのケースに分けて、ぷらっとこだまと他の格安新幹線チケットの料金を比較します。

以下の3つのケース別に、ぷらっとこだまとその他の格安チケットを比較してみます。

 

①【片道の場合】ぷらっとこだまと他の格安チケットの料金比較

まずは、片道(新幹線のみ)の場合です。東京ー新大阪を例にして、料金をみてみましょう。

(東京ー大阪)片道の新幹線料金比較

ご覧の通り、片道の場合は、ぷらっとこだまは最安です。ただし、二人以上で乗車の場合なら、ぷらっとこだまよりさらに安い手段として「EXこだまファミリー早特」があります。

「EXこだまファミリー早特」を利用するためには会員登録が必要で、3日前までの予約になります。

「ぷらっとこだま」と「EXこだまファミリー早特」の料金比較

東京発の料金は、下記の通りです。

ぷらっとこだま EXこだま
ファミリー早特
東京ー静岡 ¥4,800
東京ー浜松 ¥6,800
東京ー名古屋 ¥8,500 ¥8,050
東京ー京都 ¥10,500 ¥9,980
東京ー新大阪 ¥10,700 ¥10,080

EXこだまファミリー早特の方が料金は安いので、こちらを利用する方がお得ですね。一人の場合はぷらっとこだまです。

のぞみ乗車なら「EX早特21」が最安

こだまじゃなくて、のぞみに乗車したいという人は「EX早特21」が最安です。EX早特21を利用するためには会員登録が必要で、21日前までの予約になります。

 

②【日帰り往復の場合】ぷらっとこだまと他の格安チケットの料金比較

今度は、東海道新幹線で日帰り往復をする場合の料金を見てみましょう。(ちなみに、東京ー新大阪間は往復割引はききません。)

この場合も、ぷらっとこだまはあまりいい選択肢ではありません。

のぞみにも乗車できて、より料金が安い方法があります。

大阪・京都・名古屋からの東京・横浜の日帰り往復なら「トーキョーブックマーク」

トーキョーブックマーク

日帰り往復の場合は、トーキョーブックマックをまず検討して下さい。(ただし、関西・中部発に限ります)

トーキョーブックマークのメリットは以下の3つ。

  1. 大阪・京都・名古屋から東京への新幹線往復が格安
  2. のぞみに乗車できる
  3. 特典付き(お土産クーポンや地下鉄1日券など)
  4. 一人でも利用可
  5. 3日前まで予約可

トーキョーブックマークとぷらっとこだまの料金比較

トーキョーブックマークとぷらっとこだまと料金を比較が、以下の通りです。

ぷらっとこだま
(往復)
トーキョー
ブックマック
新大阪ー東京 ¥21,400 ¥18,800
京都ー東京 ¥21,000 ¥17,800
名古屋ー東京 ¥17,000 ¥15,600
新大阪ー新横浜 ¥21,200 ¥17,800
京都ー新横浜 ¥20,600 ¥16,800

ご覧の通り、どの区間でも、ぷらっとこだまよりトーキョーブックマックの方が安いです。

トーキョーブックマックは乗車便が限られているのがデメリットですが、お土産クーポンや地下鉄乗り放題などの特典もついてきます。東京観光の場合はぜひ利用してみて下さい。

トーキョーブックマック含め東京ー大阪の往復方法については詳しく以下にまとめています。
東京ー新大阪【往復18,600円~】新幹線の「往復割引」料金を安くする方法

東京・横浜からの日帰り往復ならJTB「日帰り1DAY」がお得!

JTB新幹線日帰り1DAY

次に、逆方向の日帰り往復のパターンです。

首都圏(東京・横浜)からの大阪・京都・名古屋の日帰りの場合は、JTB日帰り1DAYを利用しましょう。

日帰り1DAY大阪のメリットは以下の通り。

  1. 東京から大阪への新幹線往復が格安
  2. のぞみに乗車できる
  3. キヨスククーポン3,000円
  4. 一人でも利用可
  5. 5日前まで予約可

JTB日帰り1DAYとぷらっとこだまの料金比較

JTB日帰り1DAYとぷらっとこだまの料金を比較した場合、以下の通りです。

ぷらっとこだま
(往復)
JTB
日帰り1DAY
東京ー新大阪 ¥21,400 ¥20,800
東京ー京都 ¥21,000 ¥20,200
東京ー名古屋 ¥17,000 ¥16,500
新横浜ー新大阪 ¥21,200 ¥20,400
新横浜ー京都 ¥20,600 ¥19,600
新横浜ー名古屋 ¥16,600 ¥15,700

ご覧の通り、どの区間でも、ぷらっとこだまよりJTB日帰り1DAYの方が安いです。

JTB日帰り1DAYは乗車便が限られているのがデメリットですが、お土産クーポンなどの特典もついてきます。東京から大阪・京都・名古屋観光の場合はぜひ利用してみて下さい。

 

③【宿泊往復の場合】ぷらっとこだまと他の格安チケットの料金比較

では最後に、東海道新幹線を利用して、宿泊ありで往復する場合を見てみましょう。

この場合、ぷらっとこだまを利用するメリットはほとんどないです。もっとも格安な選択肢は「新幹線パック」です。これをまず検討してください。

料金が安く、こだまだけでなくのぞみにも乗車できます。

新幹線パックとの料金比較

東京大阪新幹線パック

新幹線パックとは、新幹線とホテルの料金がセットになった旅行商品のことです。

東京ー大阪の場合、料金は以下の通りです。

ぷらっとこだま 新幹線パック
片道 ¥10,700
往復 ¥21,400
往復+宿 ¥27,400 ¥20,700〜

ぷらっとこだまは、片道10,700円、往復21,400円。宿を別に(6,000円)予約したとして合計は27,400円となります。

一方、新幹線パックは20,700円〜。料金は時期によって変動しますが、概ね20,000円〜25,000円となります。

東京ー大阪に限らずどの区間でも、新幹線パックは同様に格安です。多くのケースにおいて、ぷらっとこだまより(もしくは、上述のEXこだまファミリー早特より)安くなります。まずはこちらをチェックしてみて下さい。

新幹線パック含め、東京ー大阪の格安新幹線の詳細はこちらにまとめています。
東京ー大阪【最安は10,080円】新幹線 料金の格安まとめ