e早特1は、東京〜北陸の北陸新幹線と在来線特急を格安で利用できる早割チケットです。

ここでは、e早特1に関して以下のような内容を詳しく解説しています。

  • e早特1はどんなきっぷ?ポイント解説
  • e早特1の料金・設定区間
  • e早特1の使い方、予約方法、乗車方法
  • e早特1を使わない方がいい場合
  • e早特1と他の格安チケットとの比較
似たような名称のきっぷに山陽・九州新幹線の格安チケット「e早特」がありますが、全く別物です。

 

「e早特1」とは

まずは、e早特1って何?という人のために、e早特1がどんなものかパッと見でわかるように、特徴を一覧表にまとめました。

e早特1
利用区間 東京・大宮〜北陸の北陸新幹線、
在来線特急の特定区間
利用できる人 J-WESTカード会員
予約方法 パソコン・スマホからe5489で予約
予約変更 不可
乗車方法 窓口・券売機で発券してきっぷで乗車
予約期限 1日前まで
料金 東京ー金沢:12,360円
東京ー富山:11,090円
大宮ー金沢:11,880円
乗車可能な列車 かがやき・はくたか・
特急サンダーバードなど
自由席 不可
往復割引・
乗継割引
なし
グリーン車 不可
子供料金 おとな料金の半額
キャンセル・
払い戻し手数料
きっぷ受取り前は560円
GW・お盆・年末年始 利用可
途中下車 前途無効
学割・往復割引・
障害者割引
併用不可

e早特1の最大の魅力はやはり、料金が超格安という点ですね。

上記項目を以降で1つ1つ詳しく解説していきます。

 

「e早特1」の概要と料金

「e早特1」は、JR西日本のネット予約サービス「e5489」から予約できます。

e5489はJ-WESTネット会員に登録すれば誰でも利用できますが、e早特1はクレジットカード会員(J-WESTカード会員)でなければ利用できません。

e5489についてはこちらに詳しくまとめています。
関連ページ:e5489徹底解説!e5489で買える割引きっぷリスト(新幹線きっぷ、早割チケット等)

e早特1のポイント

「e早特1」は1日前までの予約で、北陸新幹線・在来線特急を格安で利用できる早割チケットです。

e早特1のポイント

  • 1日前までの予約で東京・大宮〜北陸が割安
  • インターネット予約限定(窓口では購入できない)
  • クレジットカード会員限定
  • 指定席乗車(自由席、グリーン車は不可)
  • 「e5489専用乗車券」と同時に使用
e早特1は、専用の片道乗車券(e5489専用乗車券)とセットで発売されています。「特急料金部分」だけを購入することはできないので、「eきっぷ」のように別途購入した乗車券と組み合わせて使用することはできません。

e早特1(北陸新幹線)の料金・設定区間

e早特1で利用できる北陸新幹線(普通車指定席)の代表的な区間と料金は以下の通りです。上り下りどちらも利用できます。

通常料金 e早特1
東京ー富山 12,960円 11,090円
東京-金沢 14,380円 12,360円
東京-福井 16,340円 13,900円
上野-金沢 14,170円 12,170円
大宮-金沢 13,840円 11,880円

東京ー金沢の新幹線なら約2,000円、平均2,000〜2,500円安くなります。

 

e早特1はグリーン車・自由席は利用不可、各種割引併用もなし

e早特1で乗車できるのは北陸新幹線と特急サンダーバードの普通車指定席です。

自由席

e早特1で自由席は利用できません。

グリーン車

e早特1でグリーン車は利用できません。

こども料金

e早特1のこども料金は半額です。

往復割引は適用されない

e早特1を往復で利用しても往復割引は適用されません。

通常、片道601km以上の区間を往復する場合は往復割引が適用されます。往復割引が適用されると乗車券が1割引になります。ただ、そもそもe早特1が利用できる区間で600kmを超える区間はありません。

乗継割引は適用されない

e早特1を利用すると乗継割引が適用されません。

新幹線と在来線特急を乗り継ぐ場合、乗り継ぎ割引で特急料金が半額になりますが、e早特1で新幹線を利用すると、乗継割引が適用されなくなります。

新幹線の乗継割引についてはこちらで詳しくまとめています。
関連ページ:【新幹線の乗継割引】特急料金が半額に!乗り継ぎ割引のお得な使い方

学割・障害者割引と併用できない

e早特1は学割、障害者割引と併用できません。

年末年始・GW・お盆も利用可

e早特1は、混雑期(年末年始・GW・お盆)も使えます。

JRの混雑期(年末年始・GW・お盆)に関してはこちらで詳しくまとめています。
関連ページ:年末年始・GW・お盆に使える新幹線の割引・格安チケットはある?

 

e早特1の予約方法、乗車方法

e早特1のきっぷの予約方法は簡単です。きっぷの予約には西日本のインターネット予約サービス「e5489」を利用します。

e早特1の予約手順

e5489予約画面

まず、e5489にログインします。J-WESTネット会員でない人はまずは登録から。

e早特1を選択し、日時・区間・人数等を入力します。

簡単な流れは以下の通りです。

  • 予約方法選択
  • 条件入力
  • 経路・設備・きっぷ選択
  • 人数・座席・乗車券選択
  • 最終確認
  • 予約・申込終了

e早特1の受け取り、乗車方法

e早特1はチケットレスサービスではないので、予約したきっぷを発券する必要があります。

予約したきっぷの受取りは 下記の場所で行えます。

e5489券売機
  • 「5489サービス」の表示のあるJR西日本の駅の「券売機・受取機」「みどりの窓口」
  • JR東日本の北陸新幹線の各駅
  • 東京都区内の主な駅の「券売機」「みどりの窓口」

受取りには、決済時に利用したクレジットカード、予約番号(「券売機」「受取機」で受け取る場合はこれらに加え、決済時に登録している電話番号下4桁)が必要です。

e5489きっぷ受取り

e早特1を発券後は改札を通り列車に乗車します。

 

e早特1の変更・座席変更・キャンセル・払い戻し

e早特1は変更やキャンセルに対しては柔軟ではありません。

列車変更

一度予約したe早特1の変更はできません。有効期間開始日、券種間、利用区間、指定列車全て変更できません。

変更する場合は、一度払い戻すことになります。

キャンセル・払い戻し手数料

e早特1のキャンセルによる払い戻し手数料は以下の通り。

受取前 受取後
払い戻し
手数料
560円
  • 乗車日2日前まで:560円
  • 乗車日前日・当日:
    220円+発売額の30%
    (最低340円)

使用開始後は払い戻しできません。

e早特1は途中下車できる?

e早特1の途中下車について、公式サイトには以下のように書かれています。

途中下車することはできません。途中駅で下車された場合は、前途無効となります。

「できない」といいつつ「前途無効になる」とありますので、できるということでしょう。

 

e早特1のデメリット、e早特1を使わない方がいい場合

e早特1は格安な特急券ですが、必ずしも最安というわけではありません。条件によってはより格安な方法はいくつかあります。

以下のようなケースは、e早特1を使わない方が良いです。

宿泊する場合

新幹線パック

宿泊旅行の際にもっとも割安になるのが「新幹線パック」です。

旅行・出張などで宿泊する場合は、新幹線パックを最優先で検討することをおすすめします。新幹線チケットと宿がセットで大幅割安料金になるので、トータルのコストでみると新幹線パックの方が大抵の場合安くなります。

例えば、東京ー金沢の新幹線料金で「新幹線パック」がどれほどお得かみてみます。

東京ー金沢
片道 往復
新幹線パック 23,700円〜
※1泊料金込み
スーパーモバトク 12,250円 24,500円
e早特1 12,360円 24,720円
WEB早特1 12,940円 25,880円
トクだ値10 12,940円 25,880円
モバトク 13,620円 27,240円
eきっぷ 13,730円 27,460円
自由席 13,850円 27,700円
指定席 14,380円 28,760円

ご覧の通り、新幹線パックが圧倒的に格安です。しかも上の掲載料金は、新幹線パックだけ1泊宿代込みの料金です。他は単純に往復の新幹線料金だけです。

新幹線パックも時期やホテルのグレードによって料金は変動しますが、全国各地への宿泊旅行の際はほとんどのケースで最安となります。予約は3日前まで。

新幹線パックについてはこちらで詳しくまとめています。
関連ページ:【新幹線パック】一人もOK!宿泊付き!新幹線ホテルパックはなぜ安い?

WEB早特1もある

上述の通り、e早特1はJ-WESTカード会員限定ですので今すぐ誰でも使える訳ではありません。

一方、WEB早特1はJ-WESTに登録すれば誰でも利用できる早割チケットです。e早特1と同様に首都圏〜北陸の北陸新幹線を格安で購入できます。価格や数百円高いですが、特定のクレジットカードがなくても利用できるので気軽に使えます。

WEB早特1についてはこちらで詳しくまとめています。
関連ページ:WEB早特1を徹底解説!料金、予約方法、使い方、使わない方がいいケース