2018年3月終了

「新幹線大阪割引きっぷ」は、JR九州が販売する新幹線格安チケットでしたが、2018年3月に販売終了しています。

「新幹線大阪割引きっぷ」は、博多・小倉駅から乗車可能な往復チケットなので関西・大阪の旅行に便利な割引チケットです。

料金は以下の通り。

  • 博多ー新大阪:往復26,940円(片道13,470円)
  • 小倉ー新大阪:往復26,940円(片道13,470円)

「新幹線大阪割引きっぷ」に代わる割引チケットとして、現在は「バリ得こだま・ひかり」があります。

  • 博多ー新大阪:片道7,600円
    ※200円分クーポン付き
  • 小倉ー新大阪:片道7,000円
    ※200円分クーポン付き

安さ優先の人には最適な格安チケットです。予約&購入は以下よりできます。

「バリ得こだま・ひかり」は料金は格安ですが、こだま・ひかり乗車なので時間がかかるのが最大のデメリットです。この点を許容できれば便利なチケットです。

「バリ得こだま」の詳細は以下にまとめています。
関連ページ:【格安4,400円〜】「バリ得こだま」で新幹線(博多・広島・岡山・大阪)が安くなる

 

「新幹線大阪割引きっぷ」とは

まずは、「新幹線大阪割引きっぷ」がどのようなチケットだったか簡単にまとめておきます。

新幹線大阪割引きっぷの概要

  • 福岡から大阪の新幹線往復26,940円<子供は13,470円>
  • 「みどりの窓口」等で当日まで購入可能
  • 往復セット購入
  • のぞみ、みずほなどの指定席乗車
  • 1名から購入可能
  • 7日間有効
  • 払い戻し可

通常の新幹線チケットよりは割安なので、往復することが確実で7日以内の旅行ならお得です。

 

新幹線大阪割引きっぷと他の新幹線チケットとの料金比較

福岡ー大阪間の新幹線チケットの料金をまとめておきます。

【往復】博多ー新大阪の新幹線料金リスト

博多ー新大阪間は601km以上なので往復割引がききます。乗車券が1割引になります。

  • 29,240円 ー のぞみ・みずほ(指定席)
  • 29,040円 ー のぞみ・みずほ(スマートEX)
  • 28,600円 ー さくら・ひかり・こだま(指定席)
  • 28,400円 ー さくら・ひかり・こだま(スマートEX)
  • 27,540円 ー 自由席
  • 27,540円 ー 自由席(スマートEX)
  • 27,040円 ー 指定席回数券(=金券ショップ)
    ※6枚綴り(81,120円)の1枚分
  • 26,940円 ー 新幹線福岡/大阪割引きっぷ
    ※販売終了
  • 25,020円 ー e特急券
  • 25,020円 ー eきっぷ
  • 24,620円 ー EX予約
  • 22,400円 ー EX早特
  • 20,960円 ー スーパー早特きっぷ
  • 18,000円 ー 新幹線パック
    ※往復新幹線+宿のセット料金
  • 17,320円 ー こだまスーパー早特きっぷ
  • 15,200円 ー バリ得こだま
  • 13,700円 ー バリ得こだま(往復)
    ※3/31まで往復キャンペーン

「バリ得こだま」が最安です。

のぞみ限定なら、「スーパー早特きっぷ」か「新幹線パック」がいいでしょう。ただしスーパー早特きっぷは、14日前までの予約に限ります。

「新幹線パック」は新幹線と宿がセットになった旅行商品で、トータルの旅行費用が格安になります(詳細後述)。宿泊ありの人は考慮してもいいでしょう。

【往復】小倉ー新大阪の新幹線料金リスト

小倉ー新大阪間は600km以下なので往復割引がききません。

単純に新幹線で往復するだけなら片道料金の2倍になります。

  • 29,440円 ー のぞみ・みずほ(指定席)
  • 29,040円 ー のぞみ・みずほ(スマートEX)
  • 28,800円 ー さくら・ひかり・こだま(指定席)
  • 28,400円 ー さくら・ひかり・こだま(スマートEX)
  • 27,740円 ー 自由席
  • 27,740円 ー 自由席(スマートEX)
  • 26,940円 ー 新幹線北九州/大阪割引きっぷ
    ※販売終了
  • 26,540円 ー 指定席回数券(=金券ショップ)
  • 25,220円 ー e特急券
  • 25,220円 ー eきっぷ
  • 25,220円 ー EX予約
  • 22,400円 ー EX早特
  • 20,960円 ー スーパー早特きっぷ
  • 18,000円 ー 新幹線パック
    ※往復新幹線+宿のセット料金
  • 17,320円 ー こだまスーパー早特きっぷ
  • 14,000円 ー バリ得こだま
  • 12,500円 ー バリ得こだま(往復)
    ※3/31まで往復キャンペーン

「バリ得こだま」が最安です。

 

宿泊有りなら新幹線大阪割引きっぷよりはるかにお得!「新幹線パック」

大阪ー博多-新幹線パック
(画像引用元:日本旅行)

新幹線パックは、 以下の2つがセットになった旅行商品です。

  • 新幹線往復チケット(博多ー新大阪)
  • 宿(ホテル、旅館)

新幹線パックの特徴は下記の通りです。

  • 「新幹線往復+ホテル」セットで格安料金
  • のぞみ、さくら、こだまを選べる
  • ホテルのグレードを選べる
  • 3日前まで予約可
  • 1人予約だと割高になる

新幹線パック最大の魅力は、やはり価格です。

JRの窓口等で正規料金で買う場合と比べると一目瞭然です。博多ー新大阪の新幹線料金(往復)だと下記の通りです。

  • 新幹線大阪割引きっぷ:26,940円
  • 新幹線パック:18,000円~

しかも「新幹線パック」は宿泊代まで含まれています。日帰りの予定の人も新幹線パックを検討してもいいかもれません。

博多ー大阪の新幹線パックの詳細はこちら。
関連ページ:《往復15,000円〜》博多ー大阪の往復なら新幹線パックが格安!

 

新幹線大阪割引きっぷか格安チケットか

新幹線大阪割引きっぷは、料金面では格安チケットに勝てませんがメリットはあります。

料金以外のポイントも考慮に入れたい人は以下も参考にして下さい。

のぞみ、みずほ、さくらに乗車可能したい

格安チケットは大抵「こだま・ひかり」の利用になるので時間がかかります。

新大阪-博多の時間で比べると以下の通りです。

  • こだま:約4時間半
  • ひかり:3時間~3時間半
  • のぞみ、みずほ、さくら:約2時間半

新幹線大阪割引きっぷならのぞみ乗車が可能です。

当日購入可能

「バリ得こだま・ひかり」をはじめとする他の格安チケットは、Web上での予約・購入になるので、当日購入することができません。

最も直前で購入できる「バリ得こだま」でも3日前。他のチケットなら1週間前に購入する必要があります。

それに比べると、新幹線大阪割引きっぷは当日購入できるので、乗車日にJRのみどりの窓口にいけば手に入れる事ができます。

指定列車に乗り遅れても自由席に乗車可能

万一なにかあって指定の便に遅れた場合、格安チケットだと後続の他の便に乗れませんが、新幹線大阪割引きっぷなら可能です。

JRの「おでかけネット」に以下のように記載があります。

【指定列車に乗り遅れた場合】

  • きっぷの有効期間内は乗車券部分のみ有効となり、特急列車等に乗車する場合は別に特急券等該当する料金券の購入が必要です。
  • ただし、指定券に表示された乗車日の当日に限って、利用できる対象列車の普通車自由席に乗車できます。

新幹線大阪割引きっぷでなくていいケース

逆にいえば上記以外の場合、例えば、

  • 片道利用したい
  • 宿泊ありの旅行
  • 安さ最優先(こだま・ひかりで十分)

こういったケースは、バリ得こだまや新幹線パックを利用した方が断然お得になります。