新幹線のグリーン車といえば、庶民には手の届かない憧れのスペースの代名詞ですが、実はそこまで「手の届かない」存在ではありません。

JRもグリーン車でも乗ってもらわないことには売上になりませんので、安くグリーン車に乗れる方法を提供してくれています。

ここでは、新幹線のグリーン車料金とグリーン車に安く乗る方法について解説しています。

 

新幹線の「グリーン料金」とは

新幹線の「グリーン料金」は、グリーン車に乗るときにかかる料金です。

新幹線を利用するときは、「運賃(乗車券)」と「特急料金」がかかりますが、グリーン車利用時はグリーン料金がさらに加算されます。

新幹線グリーン料金例

東京駅からの主要各駅までのグリーン料金(のぞみ)とグリーン車利用時の総額を一覧にしてみました。

東京発着 グリーン車
利用時の総額
(のぞみ)
グリーン料金
(のぞみ)
新横浜 3,780円 770円
名古屋 14,960円 3,660円
京都 19,040円 4,870円
新大阪 19,590円 4,870円
新神戸 20,250円 4,870円
姫路 22,530円 6,070円
岡山 23,730円 6,070円
福山 24,060円 6,070円
広島 26,700円 7,260円
徳山 28,010円 7,260円
新山口 28,900円 7,260円
小倉 29,990円 7,260円
博多 30,650円 7,260円

新幹線のグリーン料金は距離(営業キロ)に比例することがわかります。一定の距離毎に料金が高くなっていきます。

グリーン料金に「閑散期」と「繁忙期」はない

グリーン料金には、閑散期/繁忙期の区分はありません。通年同額です。

グリーン料金は子供も同額

新幹線を子供(小学生)が利用する場合、グリーン料金は同額です。この場合、運賃や特急料金部分は半額になります。未就学児(幼児・乳児)も小児と同様で、有料です。

 

グリーン車に安く乗る方法

では次に、グリーン車にどうすれば安く乗ることができるかを解説していきます。

以下のような手段があります。

以降で、1つ1つ詳しく解説していきます。

 

グリーン車回数券を使う

グリーン車回数券は、東海道・山陽新幹線の主要区間で設定されている6枚綴りの回数券です。

区間 価格 1枚あたりの
価格
東京ー静岡 48,240円 8,040円
東京ー名古屋 88,440円 14,740円
東京ー京都 112,260円 18,710円
東京ー新大阪 115,620円 19,270円
東京ー新神戸 118,860円 19,810円
東京ー岡山 134,700円 22,450円
東京ー広島 151,740円 25,290円
京都ー小倉 107,760円 17,960円
京都ー博多 115,260円 19,210円
新大阪ー小倉 106,200円 17,700円
新大阪ー博多 113,460円 18,910円
新神戸ー小倉 104,700円 17,450円
新神戸ー博多 106,200円 17,700円

※印の設定区間は2020年3月31日発売分をもって発売終了。

グリーン回数券は、駅の窓口などで販売されています。当日まで購入できます。有効期限は3ヶ月。割引率は区間によって異なりますが、5〜9%程度です。

駅で販売している回数券は6枚セットですが、バラ売りが欲しい人は金券ショップをのぞいて見ましょう。グリーン車回数券はあまり見かけませんが、検討の価値はあるでしょう。

グリーン回数券について詳しくはこちらでまとめています。
関連ページ:新幹線のグリーン回数券ならグリーン車が5〜9%割引

 

スマートEX、エクスプレス予約を使う

EXアプリ

東海道・山陽新幹線のチケットレス予約サービス「スマートEX」「エクスプレス予約」を利用すると、グリーン車が安くなります。

  • スマートEX:200円割引
  • エクスプレス予約:5〜8%割引

スマートEXは無料サービスなので割引率は低いですが、エクスプレス予約は5〜8%の割引になるので、新幹線によく乗る人は有料会員(年会費1,100円)になる価値はあります。

グリーン車だけでなく、いろんなタイプの新幹線をスマホで簡単に予約できます。

スマートEX、エクスプレス予約について詳しくはこちらでまとめています。
関連ページ:スマートEXの使い方、メリット、往復割引、料金比較を詳しく解説
関連ページ:エクスプレス予約(EX予約)はお得?割引料金・アプリの使い方等を詳しく解説

 

EXグリーン早特を利用する

EX早特商品・早割チケット

上記の「スマートEX」「エクスプレス予約」を使えば、グリーン車の早特商品も利用できます。

「EXグリーン早特」はその1つで、東京~新神戸間の新幹線のぞみ・ひかりのグリーン車が格安で利用できます。

EXグリーン早特のポイントは以下の通りです。

EXグリーン早特
利用区間 東京~新神戸間の特定区間
利用できる人 スマートEX・エクスプレス予約会員
予約方法 PC・スマホ・アプリで会員サイトから
予約変更 何度でも無料で可
予約期限 3日前まで
料金 東京ー名古屋:12,050円
東京ー京都 :14,120円
東京ー新大阪:14,670円
乗車可能な列車 早朝の「のぞみ」と終日の「ひかり」グリーン車
往復割引 なし
子供料金 設定なし
キャンセル・
払い戻し手数料
出発時刻前まで:320円
出発時刻後:一定料金
GW・お盆・
年末年始
利用不可
途中下車 不可
学割・障害者割引 併用不可

のぞみのグリーン車は早朝便だけですので、ひかりのグリーン車が狙い目です。

EXグリーン早特について詳しくはこちらでまとめています。
関連ページ:「EXグリーン早特」でのぞみ・ひかりのグリーン車が格安!

 

EXこだまグリーン早特を利用する

「スマートEX」「エクスプレス予約」のグリーン車早特商品として「EXこだまグリーン早特」もあります。

EXグリーン早特がのぞみ・ひかりのグリーン車だったのに対して、EXこだまグリーン早特はこだまのグリーン車早特チケットです。東京~新大阪間で利用できます。

EXグリーン早特のポイントは以下の通りです。

EXこだまグリーン早特
利用区間 東海道新幹線(東京~新大阪間)のほぼ全区間
利用できる人 スマートEX・エクスプレス予約会員
予約方法 PC・スマホ・アプリで会員サイトから
予約変更 何度でも無料で可
予約期限 3日前まで
料金 東京ー名古屋:9,170円
東京ー新大阪:11,410円
名古屋ー新大阪:6,090円
乗車可能な列車 「こだま」グリーン車
往復割引 なし
子供料金 設定なし
キャンセル・
払い戻し手数料
出発時刻前まで:320円
出発時刻後:一定料金
GW・お盆・
年末年始
利用不可
途中下車 不可
学割・障害者割引 併用不可

EXこだまグリーン早特の最大の魅力はやはり、グリーン車料金が超格安という点です。普通車指定席よりも全然安いです。

EXこだまグリーン早特について詳しくはこちらでまとめています。
関連ページ:「EXこだまグリーン早特」でこだまのグリーン車が格安!

 

ぷらっとこだまのグリーン車を利用する

東海道新幹線の「こだま」を格安で利用できる旅行商品「ぷらっとこだま」でもグリーン車の設定があります。

こちらもEXこだまグリーン早特と同様、こだまグリーン車の格安チケットです。東京~新大阪間で利用できます。

ぷらっとこだま
利用区間 東海道新幹線(東京~新大阪間)の特定区間
利用できる人 誰でも利用可
予約方法 JR東海ツアーズ店舗またはHP、電話
予約変更 不可
予約期限 前日〜6日前まで
グリーン車
料金
 東京ー名古屋:  9,500円
東京ー新大阪:12,200円
名古屋ー新大阪:  6,900円
乗車可能な列車 「こだま」限定
自由席 利用不可
往復割引 なし
グリーン車 利用可
子供料金 設定あり(約30%割引)
キャンセル・
払い戻し手数料
10日前まで:無料
7日前まで:20%
前日まで:30%
前日:40%
当日:50%(出発時刻前まで)
GW・お盆・
年末年始
利用可(繁忙期料金)
途中下車 不可
学割・障害者割引 併用不可

ぷらっとこだまの最大の魅力はやはり、料金が超格安という点です。

ぷらっとこだまについて詳しくはこちらでまとめています。
関連ページ:ぷらっとこだまで指定席、グリーン車料金が格安に

 

バリ得こだま・ひかりのグリーン車を利用する

バリ得プラン山陽版

山陽新幹線の格安旅行商品「バリ得こだま・ひかり」でもグリーン車の設定があります。東京~新大阪間で利用できます。

バリ得こだま・ひかり
利用区間 山陽新幹線(新大阪~博多間)の特定区間
利用できる人 誰でも利用可
予約方法 日本旅行「バリ得こだま」HP
予約変更 不可
予約期限 3〜5日前まで
グリーン車
料金
新大阪ー博多:8,100円
新大阪ー広島:9,000円
広島ー博多:8,400円
乗車可能な列車 「ひかり」限定
自由席 利用不可
往復割引 なし
グリーン車 利用可
子供料金 設定あり(約30%割引)
キャンセル・
払い戻し手数料
10日前まで:無料
7日前まで:20%
前日まで:30%
前日:40%
当日:50%(出発時刻前まで)
GW・お盆・
年末年始
区間によって利用可(繁忙期料金)
途中下車 不可
学割・障害者割引 併用不可

たった+500円でひかりのグリーン車を利用できます。これは破格です。

バリ得こだま・ひかりについて詳しくはこちらでまとめています。
関連ページ:【格安4,500円〜】「バリ得こだま」で新幹線(博多・広島・岡山・大阪)が安くなる

 

新幹線パック(グリーン車版)

新幹線パックグリーン車

「新幹線パック」とは、新幹線とホテルの料金がセットになった旅行商品のことです。セットで予約することで、料金が特別割引になります。この新幹線パックのグリーン車版があります。

宿泊ありの往復旅行の際に利用するとおトクです。

例えば、先述の「EXグリーン早特」と比較すると、東京ー大阪の場合、料金は以下の通りです。

EXグリーン
早特
新幹線パック
(グリーン車)
片道 ¥14,670
往復 ¥29,340
往復+宿 ¥35,340 ¥23,700〜

EXグリーン早特は、片道14,670円、往復29,340円。宿を別に(6,000円)とったとして合計は35,340円となります。一方、新幹線パック(グリーン車)は23,700円〜。

東京ー大阪に限らずどの区間でも、新幹線パックは同様に格安です。多くのケースにおいて、EXグリーン早特より安くなります。

ただ、時期によっては料金が高くなったり、グリーン車設定がないこともあります。まずはこちらをチェックしてみて下さい。