「こだま早特往復きっぷ」よりお得な格安チケット

新幹線チケット売り場
 

【50%OFF】GOTOキャンペーンで全国の新幹線旅行が激安になっています!
新幹線利用の方は要チェック!早い者勝ち >

「こだま早特往復きっぷ」はJR西日本が販売する新幹線早割チケットです。

各区間の料金は以下の通り。

  • 新大阪 ー 博多:15,000円(片道7,500円)
  • 新神戸 ー 博多:15,000円(片道7,500円)
  • 新大阪 ー 小倉:15,000円(片道7,500円)
  • 新神戸 ー 小倉:15,000円(片道7,500円)

名前のとおりこだま乗車限定の往復チケットです

「こだま早特往復きっぷ」は、大阪・神戸 ー 福岡(博多・小倉)間のお得なチケットとして人気でしたが、残念ながら現在は販売終了しています。現在は、「こだま早特往復きっぷ」より安くて利用しやすい格安チケットがありますので、そちらをご利用ください。(後述)

ここでは「こだま早特往復きっぷ」に代わる格安チケットとして、「バリ得こだま・ひかり」をおすすめしています。

  • 新大阪 ー 博多:7,500円
  • 新神戸 ー 博多:7,300円
  • 新大阪 ー 小倉:6,900円
  • 新神戸 ー 小倉:6,700円

お急ぎの方は、こちらから予約可能です。

「こだま早特往復きっぷ」との比較も踏まえ、詳しく解説していきましょう。

 

「こだま早特往復きっぷ」に代わる格安チケット

こだま早特往復きっぷ以外にどんな格安チケットがあるのか見ていきます。

山陽新幹線のこだま格安チケット

大阪ー福岡の新幹線こだまの格安チケットは、実はたくさんあります。

  • きままにこだま(近畿日本ツーリスト)
  • こだまっぷ・ひかりっぷ(南海国際旅行)
  • ひかり・こだまでGOGO(JTB)
  • まる得こだま・ひかり(阪急交通社)
  • バリ得こだま・ひかり(日本旅行)

料金はどれも博多ー新大阪7,500円前後。これらは、旅行会社が販売しているいわゆる「旅行商品」で、JRの窓口、券売機では購入できません。

この中でも最もおすすめは、日本旅行の「バリ得こだま・ひかり」です。

日本旅行はJR西日本の子会社なので安心感があり人気が高いです。

バリ得こだま・ひかり

「バリ得こだま・ひかり」の主な特長は以下の通り。

  • 福岡ー大阪・神戸の新幹線こだま・ひかり6,300円〜
  • 上り・下りともに利用可
  • 一人利用可
  • 直前まで購入可能(3日前)
  • ひかり・こだま乗車
  • こどもは約半額
  • 200円分お買い物クーポン付き
  • グリーン車も+500円で乗車可

こだま早特往復きっぷに比べ何がいいか?

上記、「バリ得こだま・ひかり」等のこだまの格安チケットは、「こだま早特往復きっぷ」と比べて以下の3つのメリットがあります。

  1. 料金が安い
  2. 直前でも予約できる
  3. ひかりも乗車可能
  4. 片道から購入可能

まず料金が安いです。

博多 ー 新大阪の往復料金

  • 15,000円 ー こだま早特往復きっぷ
  • 15,000円 ー バリ得こだま・ひかり他

 

小倉 ー 新大阪の往復料金

  • 15,000円 ー こだま早特往復きっぷ
  • 13,800円 ー バリ得こだま・ひかり他

予約期限も、こだま早特往復きっぷに比べ余裕があります。以下の通りです。

予約期限
こだま早特往復きっぷ 14日前まで
きままにこだま 8日前まで
こだまっぷ・ひかりっぷ 4日前まで
ひかり・こだまでGOGO 5日前まで
まる得こだま・ひかり 8日前まで
バリ得こだま・ひかり 3日前まで

さらに、「ひかり」にも乗車可能なので、時間も短縮できる便利なチケットです。

 

「こだま早特往復きっぷ」以外の選択肢

こだまにこだわらなければ、他にも選択肢はたくさんあります。

山陽新幹線の全てのチケット一覧を見てみましょう。

【片道・往復】新大阪ー博多の新幹線料金リスト

新大阪ー博多間の新幹線料金(乗車券+特急券)リストです。

往復の料金は往復割引が反映されています。

新大阪駅ー博多駅 片道 往復
のぞみ・みずほ 15,600円 29,240円
スマートEX
(のぞみ・みずほ)
15,400円 29,040円
さくら・ひかり・こだま 15,280円 28,600円
スマートEX
(さくら・ひかり・こだま)
15,080円 28,400円
自由席
スマートEX(自由席)
14,750円 27,540円
回数券
(金券ショップ)
13,520円 27,040円
eきっぷ、e特急券 13,490円 25,020円
EX予約 13,490円 24,620円
新幹線福岡・
大阪割引きっぷ
13,470円 ※販売終了
EX早特 11,200円 22,400円
スーパー早特きっぷ 10,480円 20,960円
新幹線パック 18,000円〜
こだまスーパー
早特きっぷ
8,660円 17,320円
バリ得こだま
7,500円 15,000円
バリ得こだまセール
※販売終了
6,900円 13,700円

【片道・往復】新大阪ー小倉の新幹線料金リスト

新大阪ー小倉間の新幹線料金(乗車券+特急券)リストです。

新大阪ー小倉間は往復割引がききません。

新大阪駅ー小倉駅 片道 往復
のぞみ・みずほ 14,720円 29,440円
スマートEX
(のぞみ・みずほ)
14,520円 29,040円
さくら・ひかり・こだま 14,400円 28,800円
スマートEX
(さくら・ひかり・こだま)
14,200円 28,400円
自由席
スマートEX(自由席)
13,870円 27,740円
回数券
(金券ショップ)
13,520円 27,040円
新幹線北九州・
大阪割引きっぷ
13,470円 ※販売終了
eきっぷ、e特急券 12,610円 25,220円
EX予約 12,610円 25,220円
EX早特 11,200円 22,400円
スーパー早特きっぷ 10,480円 20,960円
新幹線パック 18,000円〜
こだまスーパー
早特きっぷ
8,660円 17,320円
ひかり・こだまで
GOGO
7,200円 14,400円
バリ得こだま
6,900円 13,800円
バリ得こだまセール
※販売終了
6,300円 12,500円

 

「こだま早特往復きっぷ」とは

こだま早特往復きっぷの特長

  • 大阪ー福岡 往復15,000円
  • 子供は3,000円
  • 21日前~14日前までに購入
  • 1名から購入可能

通常の新幹線チケットより50%割安です。

乗車区間と料金

こだま早特往復きっぷの対象区間は、新大阪・新神戸-博多・小倉。

料金は一律です。

  • 新大阪 ー 博多:15,000円
  • 新神戸 ー 博多:15,000円
  • 新大阪 ー 小倉:15,000円
  • 新神戸 ー 小倉:15,000円

こだま早特往復きっぷの注意点

こだま早特往復きっぷの注意点は以下の通りです。

  • 乗車便の変更不可
  • 乗り遅れた場合はチケット無効
  • 払い戻しの場合は手数料要

 

「こだま早特往復きっぷ」がお得なケース

ここまで説明したように、こだま早特往復きっぷは以下の点において他の格安チケットに比べ不利です。

  • ひかりには乗車できない
  • 14日前までに予約しないといけない
  • 料金が高い

しかしたった一つだけ、こだま早特往復きっぷがお得になるケースがあります。

こだま早特往復きっぷは年末年始、お盆、GW利用可

旅行会社の格安チケットは、年末年始、お盆の帰省の時期、ゴールデンウィークは必ず割増料金になります。

例えば「バリ得こだま」で言えば、繁忙期(年末年始、お盆、GW)は9,500円に料金UPされます。通常の7,500円から2,000円以上高いです。他各社も同じです。

一方、こだま早特往復きっぷは繁忙期でも変わらず15,000円。こちらの方が有利です。

しかも、年末年始、お盆、GWなら前もって計画を立てるられる人も多いので14日前までの予約が可能な人も多いのではないでしょうか。

 

「こだま早特往復きっぷ」で岡山、広島は乗降できる?

残念ながら、岡山、広島で乗降できません。

こだま早特往復きっぷは、博多・小倉ー神戸・大阪間でしか利用できません。

 

「こだま早特往復きっぷ」の予約は?

こだま早特往復きっぷは、現在販売終了しています。