大阪ー金沢の特急サンダーバードを格安にする方法をまとめています。

大阪ー金沢の格安サンダーバードの選択肢はあまり多くないですが、格安チケットや旅行商品を使えば、それなりにサンダーバードの料金を安くすることができます。

大阪から金沢、金沢から大阪、いずれの場合でも「JRパック」を利用すると往復のサンダーバードが格安になります。

 

大阪ー金沢のサンダーバード料金(片道/往復)・格安チケット

まずは、大阪ー金沢のサンダーバード料金をまとめておきます。

大阪から金沢、金沢から大阪、どちらの場合も同じ料金です。

片道と往復で分けています。

【片道】大阪駅ー金沢駅のサンダーバード料金リスト

大阪ー金沢間の片道のサンダーバード料金(乗車券+特急券)リストです。

片道の場合は選択肢が極端に少ないです。

  • 7,790円 ー サンダーバード指定席
  • 7,590円 ー チケットレス特急券
  • 7,260円 ー 自由席
  • 7,200円 ー 指定席回数券(=金券ショップ)
    ※6枚綴り(43,200円分)の1枚分
  • 7,180円 ー eチケットレス特急券
  • 7,180円 ー eきっぷ
  • 6,500円 ー WEB早特1

「WEB早特1」が安いです。前日までの予約で利用できます。

【往復】大阪駅ー金沢駅のサンダーバード料金リスト

次に、大阪ー金沢間の往復のサンダーバード料金(乗車券+特急券)リストです。

往復になると選択肢が増えます。

大阪ー金沢間は600km以下で往復割引がきかないので、単純に往復料金は片道の2倍になります。

  • 16,300円 ー 金沢・加賀・能登ぐるりんパス
    ※2名以上、京都大阪神戸発
  • 15,850円 ー 北陸乗り放題きっぷ
    ※2名以上、京都大阪神戸発
  • 15,580円 ー サンダーバード指定席
  • 15,330円 ー 関西往復フリーきっぷ
    ※販売終了
  • 15,180円 ー チケットレス特急券
  • 14,520円 ー 自由席
  • 14,400円 ー 指定席回数券(=金券ショップ)
  • 14,360円 ー eチケットレス特急券
  • 14,360円 ー eきっぷ
  • 13,000円 ー WEB早特1
  • 12,500円 ー JRパック
    ※1泊宿泊代込み
  •   8,800円 ー 日帰り金沢
    ※北鉄バス1日フリー乗車券付

「日帰り金沢」で8,800円が最安。ただし、大阪発の日帰り限定です(詳細後述)。

宿泊ありの往復なら「JRパック」で、旅行費用トータルで格安になるので(詳細後述)考慮してもいいでしょう。

 

大阪ー金沢のサンダーバードを格安にする方法

格安の手段は、サンダーバードの利用条件によって変わってきます。

ざっくり分けて、宿泊のあり/なしで選択肢が大きく違います。

  1. 宿泊なし(片道/往復のサンダーバードのみ)
  2. 宿泊あり(往復サンダーバード+ホテル)

1. 宿泊なし

宿泊なし(サンダーバードのみ)の場合は、JR西日本や旅行会社が販売する格安チケットを利用するのが最も安くなります。

上の料金リストで見た通り、大阪ー金沢のサンダーバードは「日帰り金沢」が最安です。ただし、「日帰り金沢」は大阪発の金沢往復に限られます。

日帰り往復でなければ、「WEB早特1」が最安です。

ただ、予算以外に乗車時間、座席などの条件があるなら、トータルで満足できる他のチケットを選ぶと良いです。また、年齢制限、人数制限のある格安チケットもあるので、条件を満たせればそれらを利用した方が安くなる可能性もあります。(後述)

2. 宿泊あり

大阪または金沢で宿泊する場合は、「JRパック」を利用すると最安になる可能性が高いです。

セットにすることでサンダーバードが特別割引料金になります。

JRパック(大阪ー金沢)については以降で詳しく書いています。

 

宿泊ありで往復なら「JRパック」が格安!(大阪/金沢泊)

新幹線パック

JRパックは、 以下の2つがセットになった旅行商品です。

  • サンダーバード往復チケット(大阪ー金沢)
  • 宿(ホテル、旅館)

大阪ー金沢の往復のサンダーバード料金が格安に

JRパック最大の魅力は、やはり価格です。

大阪ー金沢だと下記の料金になります。

大阪駅ー金沢駅 新幹線料金(往復)

  • 正規料金:15,580円
    ※JRの窓口等でチケットを買った場合
  • JRパック:12,500円~

しかも上記、新幹線パック料金は宿泊代まで含まれています。安さが一目瞭然です。

JRパックのメリット

JRパックの特徴は下記の通りです。

  • 「サンダーバード往復+ホテル」セットで格安料金
  • サンダーバードの時間が自由に選べる
  • ホテルのグレード(格安〜高級)を選べる
  • 直前(3日前)まで予約可
  • 2人予約がお得(1人予約だと割高になる)

JRパック最大の魅力は、やはり価格です。

回数券、学割など、新幹線を安く方法はいくつかありますが、それらに比べても新幹線パックの割引率は圧倒的です。

JRパックがどれくらいお得か?

JRパックが他の格安チケットに比べて、どれくらいお得なのか?詳しくみておきましょう。

上で見た通り、大阪ー金沢間のサンダーバード往復料金は13,000円〜16,300円です。これに1泊の宿泊代を7,000円として加えると、20,000円〜23,300円になります。

これに対し、JRパックは12,500円〜です。

もちろんJRパックは、時期、人数、ホテルのグレード等によって料金は上下しますので、必ずしも最安値になる保証はありませんが、一つの選択肢として検討してみる価値は十分あるでしょう。

 

【日帰り】大阪・京都から金沢 往復8,400円〜キャンペーン

日帰り往復という条件なら格安のサンダーバードがあります。

「日帰り金沢」という「バリ得こだま」の派生商品があり、関西(大阪・京都)発の日帰り金沢の往復サンダーバードが激安です。

料金は以下の通り。下記は往復のサンダーバード料金です!片道ではありません。異常な安さです。

  • 大阪ー金沢(日帰り往復):8,800円
  • 京都ー金沢(日帰り往復):8,400円

この格安チケットの主な特長は以下の通り。

  • 大阪・京都ー金沢の往復サンダーバードが激安!8,400円〜
  • 関西(大阪・京都)発のみ(※金沢発は不可)
  • 北鉄バス1日フリー乗車券付
  • 往路・復路:サンダーバード乗車
  • 一人利用可
  • 高槻、新大阪乗車も可
  • こどもは半額

日帰りで大阪ー金沢を往復する予定のある方は便利です!

 

(大阪ー金沢)サンダーバード格安チケット情報まとめ

日帰り金沢(バリ得こだま)

格安チケットの代表といえば、日本旅行の「バリ得こだま」シリーズです。ちなみに日本旅行はJR西日本の子会社です。

その大阪ー金沢間の派生商品が「日帰り金沢」です。

以下のような特徴があります。

  • 大阪・京都ー金沢のサンダーバードが格安
  • お得なクーポン・特典付き
  • サンダーバード乗車
  • 5日前まで購入可能(Web予約)
  • 指定席乗車、1人利用可
  • 日帰り

金券ショップ(回数券)

格安チケットといえば、金券ショップが真っ先に思い浮かびますが、思っているほどお得ではありません。

金券ショップで売っているのは回数券のバラ売りですので、割引率は約3〜5%程度です。また、新幹線の回数券が設定されていない区間もありますし、お盆・年末年始・GWは使用できません。

eきっぷ

eきっぷは、JR西日本のインターネット予約サイト「e5489」で購入できる早割チケットです。

eきっぷ自体は割引特急券なので、別に乗車券を購入する必要がありますが、往復割引や学割、障害者割引の適用された乗車券と組み合わせることも可能なので、割引の幅が広いチケットです。

eきっぷについて詳しくはこちらでまとめています。
関連ページ:eきっぷで新幹線・特急がおトクに!は本当?料金、割引率、買い方・使い方を詳しく解説!

WEB早特1

WEB早特1は「e5489」で購入できる早割チケットです。

早期購入(前日まで)でサンダーバードを格安料金で利用できるので人気のきっぷです。

WEB早特1について詳しくはこちらでまとめています。
関連ページ:WEB早特1を徹底解説!料金、予約方法、使い方、使わない方がいいケース

チケットレス特急券・eチケットレス特急券

『チケットレス特急券』と『eチケットレス特急券』は、e5489で購入できる『チケットレスサービス』の割引特急券です。

北陸乗り放題きっぷ

北陸乗り放題きっぷは、e5489で購入できる「往復+フリー」タイプのきっぷです。

前日までの予約&購入、2名以上での利用という制約があります。

北陸フリーエリアまでのサンダーバード往復と、北陸フリーエリアでの乗り放題がセットになっています。

金沢・加賀・能登ぐるりんパス

金沢・加賀・能登ぐるりんパスは、e5489で購入できる「往復+フリー」タイプのきっぷです。

前日までの予約&購入、2名以上での利用という制約があります。

金沢加賀自由周遊区間までの特急列車往復(普通車指定席)と、JR自由周遊区間乗り降り自由、観光施設の入場券などがセットになっています。

おとなび

50歳以上であれば、「おとなび」を使って新幹線を利用するのもお得です。

おとなび会員(無料)になれば、下記3つの特典が利用できます。

  1. おとなびWEBパス:新幹線・在来線乗り放題(3日間)
  2. おとなびWEB早特:新幹線料金最大60%OFF
  3. おとなび格安旅行:会員限定の旅行商品。「新幹線+ホテル」セットが格安

うまく利用すれば、かなりお得です。

おとなびについて詳しくはこちらでまとめています。
関連ページ:「おとなび」の 予約・往復(おとなびWEB早特・おとなびパス)