「EXグリーン早特」は格安で新幹線のグリーン車に座れる人気の格安チケットです。

代表的な区間の料金は下記の通り。

  • 東京・品川 ー 新大阪:14,670円
  • 東京・品川 ー 京都 :14,120円
  • 東京・品川 ー 名古屋:12,050円
  •   新横浜 ー 新大阪:14,330円

EXグリーン早特は、グリーン車の回数券やEX予約などと比べても、はるかに格安です。

詳しく解説していきましょう。

 

「EXグリーン早特」って何?まずはポイント解説!

まずは、「EXグリーン早特」って何?という人のために「EXグリーン早特」がどんなものかパッと見でわかるように、特徴を一覧表にまとめました。

EXグリーン早特
利用区間 東京~新神戸間の特定区間
利用できる人 スマートEX・エクスプレス予約会員
予約方法 PC・スマホ・アプリで会員サイトから
予約変更 何度でも無料で可
予約期限 3日前まで
料金 東京ー名古屋:12,050円
東京ー京都 :14,120円
東京ー新大阪:14,670円
乗車可能な列車 早朝の「のぞみ」と終日の「ひかり」グリーン車
往復割引 なし
子供料金 設定なし
キャンセル・
払い戻し手数料
出発時刻前まで:320円
出発時刻後:一定料金
GW・お盆・
年末年始
利用不可
途中下車 不可
学割・障害者割引 併用不可

EXグリーン早特の最大の魅力はやはり、のぞみ・ひかりのグリーン車料金が格安という点です。

上記項目を以降で1つ1つ詳しく解説していきます。

 

EXグリーン早特の仕組みと利用対象者

EXグリーン早特が利用できる区間、利用方法などをまず解説します。

東海道新幹線各区間で利用可能

EXグリーン早特は、東京〜新神戸の特定区間で利用できます。

ただし、設定があるのは東京・品川、新横浜、名古屋、京都、新大阪、新神戸発着の区間だけで、東京ー新神戸間の全区間で利用できるわけではありません。(設定区間は詳細後述)

スマートEX・エクスプレス予約会員ならEXグリーン早特を利用できる

EXグリーン早特は、エクスプレス予約またはスマート予約会員が利用可能な早特商品です。

エクスプレス予約は有料サービスで年会費が1,100円。スマートEXは無料です。どちらかに登録していれば、誰でもEXグリーン早特を利用できます。

EXグリーン早特は一度に6名まで予約できますが、予約者一人が会員であれば利用可能です。

 

EXグリーン早特の料金・設定区間

EXグリーン早特が利用できるのは、東京・品川・新横浜・名古屋・京都・新大阪、新神戸の7駅。

のぞみ・ひかり乗車チケットなので、こだま停車駅では利用できません。

途中の小田原・三島・新富士・静岡・掛川・浜松・豊橋・三河安城・岐阜羽島・米原では利用できません。

各駅からのEXグリーン早特の料金は以下の通りです。

東京・品川からの料金

乗車駅:東京・品川
名古屋 ¥12,050
京都 ¥14,120
新大阪 ¥14,670
新神戸 ¥14,970

新横浜からの料金

乗車駅:新横浜
名古屋 ¥11,390
京都 ¥13,780
新大阪 ¥14,330
新神戸 ¥14,670

名古屋からの料金

乗車駅:名古屋
東京・品川 ¥12,050
新横浜 ¥11,390

京都からの料金

乗車駅:京都
東京・品川 ¥14,120
新横浜 ¥13,780

新大阪からの料金

乗車駅:新大阪
東京・品川 ¥14,670
新横浜 ¥14,330

新神戸からの料金

乗車駅:新神戸
東京・品川 ¥14,970
新横浜 ¥14,670

 

EXグリーン早特の往復割引

EXグリーン早特に往復割引はありません。

例えば、EXグリーン早特で東京ー新大阪は14,670円ですので、往復は単純に2倍、29,340円となります。

そもそも、EXグリーン早特が設定されている東京ー新神戸間にはJRの通常料金でも往復割引が適用される区間はありません。往復割引は片道601km以上の長距離区間に適用されますが、もっとも距離の長い東京ー新神戸でも片道600km未満です。

往復の場合の料金比較は、あとで詳しく解説しています。

 

EXグリーン早特のメリット・デメリット

EXグリーン早特のメリット、デメリットをまとめておきます。

EXグリーン早特のメリット

  • のぞみ・ひかりグリーン車が格安
  • 家族の分まで予約可能
  • 3日前まで購入できる
  • 一人でも利用できる

ここまで書いたように、EXグリーン早特の最大のメリットは料金です。

東海道ののぞみ・ひかりグリーン車では最安。東京ー新大阪なら通常のきっぷより約5,000円割安です。

予約後に他の商品に手数料無料で変更できる

格安チケットは一度予約した指定席は変更ができないことが多いのですが、EXグリーン早特は変更が可能です。

きっぷの受取前で、予約変更時点で3日以上先となる乗車日の列車に変更する場合、この商品の設定条件を満たし、かつ座席があれば「EXグリーン早特」として変更が可能です。

EXグリーン早特のデメリット

料金が安い代わりにデメリットもあります。

  • 主要駅しか設定がない
  • のぞみグリーン車は早朝便だけ
  • 満席なら購入不可
  • こども設定がない
  • 学割、乗り継ぎ割引などとは併用できない
  • JR窓口等では購入できない

主要駅しか設定がない

EXグリーン早特が利用できる駅は限られています。

のぞみ・ひかり乗車チケットなので、こだま停車駅では利用できません。利用可能な駅と、利用できない駅は以下の通り。

  • 利用できる駅:東京・品川・新横浜・名古屋・京都・新大阪・新神戸
  • 利用できない駅:小田原・三島・新富士・静岡・掛川・浜松・豊橋・三河安城・岐阜羽島・米原

のぞみグリーン車は早朝便だけ

EXグリーン早特で利用できるのぞみグリーン車は、早朝便だけです。ひかりは終日全便利用可能です。

基本的には、ひかりグリーン車用のチケットだと考えていいでしょう。

満席なら購入不可

当然ですが、席に限りはあります。

席が空いていなければ、EXグリーン早特も指定席を確保できませんので購入できません。

学割、乗り継ぎ割引などとは併用できない

EXグリーン早特を使ってしまうと学割、乗り継ぎ割引などは利用できません。

学生の方や、在来線の特急に乗り継ぐ人は、EXグリーン早特を使わないほうが安いケースも出てくるかもしれません。よく調べてください。

JR窓口等では購入できない

デメリットというか、誤解している人が多いです。

EXグリーン早特は、JRの窓口で予約&購入できません。

乗車当日に駅の窓口で「EXグリーン早特2枚ください」といっても買えません。

 

EXグリーン早特の予約、購入、使い方

EXアプリ

EXグリーン早特の予約方法、購入方法、使い方はすごく簡単です。

予約、購入方法

エクスプレス予約を利用するなら、スマホアプリ(EXアプリ)を使いましょう。超便利です。

あらかじめ登録をすましておいて、EXアプリをインストールします。

Androidアプリ:EXアプリ
iPhoneアプリ:EXアプリ

アプリを立ち上げればすぐに予約画面に入れます。

EXアプリ使い方

EXグリーン早特の予約の際は、以下の条件で検索しないと表示されないので注意してください。

  • 3日以上前の日程
  • こだま乗車
  • GW・お盆・年末年始以外

条件を満たせば自動的に「EXグリーン早特」の選択肢が表示されます。

使い方

スマートEX会員の場合は、SuicaやPasmoなどの交通系ICカードで、エクスプレス予約会員はEX-ICで乗車します。

EXグリーン早特を複数人で予約した場合は、駅できっぷを発券してから改札を通ります。ICカードは会員本人しか使えませんので。

 

EXグリーン早特のキャンセル・払い戻しなど注意点

EXグリーン早特を利用する場合は、以下の点に注意してください。

  • 当日購入は不可
  • 乗り遅れると完全に無効
  • GW、お盆、年末年始の利用ができない

当日購入は不可

EXグリーン早特は、当日購入はできません。

予約&購入はオンラインで3日前までです。

乗り遅れると後続列車には乗れない

通常の指定席券の場合、乗り遅れても後続の列車の自由席に乗れます。

EXグリーン早特はその扱いがありません。乗り遅れそうになったら、発車時刻前に変更してください。

GW、お盆、年末年始の利用ができない

EXグリーン早特は、繁忙時期(GW、お盆、年末年始)には設定除外日があります。

  • スマートEXからの予約の場合:
    2019年度は、4月27日(土)~5月6日(月)、8月10日(土)~8月19日(月)、12月28日(土)~1月6日(月)は利用できません。
  • エクスプレス予約からの予約の場合:
    2019年度は、4月27日(土)・4月28日(日)・5月5日(日)・5月6日(月)、8月10日(土)~8月12日(月)、12月28日(土)~12月31日(火)、1月3日(金)~1月5日(日)はご利用いただけません。

 

「EXグリーン早特」はGW、お盆、年末年始に利用できる?

EXグリーン早特は、GW・お盆・年末年始は利用することができません。

GW・お盆・年末年始の利用なら「ぷらっとこだま(グリーン車)」

どうしても、GW・お盆・年末年始にこだまで乗車したいというなら、「ぷらっとこだま(グリーン車)」がいいかもしれません。

ただし、「ぷらっとこだま」も「繁忙期」の料金が適用されます。

「ぷらっとこだま」の繁忙期料金は以下の通り。

ぷらっとこだま
(グリーン車)
通常料金
ぷらっとこだま
(グリーン車)
繁忙期料金
東京ー新大阪 ¥12,200 ¥13,800
東京ー京都 ¥12,000 ¥13,400
東京ー名古屋 ¥9,500 ¥10,700
新大阪ー名古屋 ¥6,900 ¥7,100
新横浜ー新大阪 ¥12,100 ¥13,400

通常期より1,000円〜1,500円高くなりますが、それでも、グリーン車の回数券やスマートEXよりは安いです。

ただし、学割などを利用できる人は、そちらを優先した方がいいかもしれません。

ぷらっとこだまの詳細はこちらでまとめています。
ぷらっとこだまで指定席料金が格安に。値段・往復 割引・比較・予約方法まとめ

 

EXグリーン早特、台風で運休・遅延のときはどうなる?

EXグリーン早特で列車予約していて、台風で乗車予定の新幹線が運休・遅延したらどうなるでしょう?

運休・遅延時の扱い

公式サイトの記載は以下の通りです。

台風の接近または上陸の影響により、きっぷの変更や払戻など、特別な取扱いを行う場合は、スマートEXのメニュー画面などで「ご旅行を中止または変更される場合のお取扱い」を掲出して、お知らせいたします。

まずは、スマートEX/エクスプレス予約にログインしましょう。

遅延、運休時の取り扱いは「よくある質問」に掲載されているので、確認して下さい。

列車が遅れているので、旅行を中止する場合は自分で払戻をするようにとのことだが、どうすればいいですか?

列車の大幅な遅れや運休が発生した時などに旅行を見合わせる場合、会員様操作により無手数料で払戻が可能となることがあります。

会員様操作により無手数料で払戻ができる場合は、対象となる区間や取扱い等の詳細について、スマートEX/EX予約へのログイン後、メニュー画面上部に「ご旅行を中止される場合のお取扱い」を掲出してご案内します。対象区間を含む予約をご利用にならない場合は、会員様操作により、「スマートEX/EX予約」にログインのうえ、「予約確認/変更/払戻」画面から払戻操作をお願いいたします。
なお、きっぷ受取済の場合は、乗車日から1年以内に、JR東海またはJR西日本の主な駅窓口にて、払戻手続きを行ってください。

列車が遅れているので、旅行を中止したいが予約の列車がすでに発車してしまっている。どうすればいいですか?

スマートEX/EX予約へのログイン後、メニュー画面上部に「ご旅行を中止される場合のお取扱い」が掲出されている間は、列車発車時刻後の予約についても無手数料で予約の払戻が可能です。会員様操作により、スマートEX/EX予約にログインのうえ、「予約確認/変更/払戻」画面から払戻操作をお願いいたします。
なお、きっぷ受取済の場合は、乗車日から1年以内に、JR東海またはJR西日本の主な駅窓口にて、払戻手続きを行ってください。

詳しくは公式サイトの案内に従ってください。
列車の遅れや運休の取扱い

 

EXグリーン早特は最安?本当にお得なの?

EXグリーン早特は格安だと解説してきました。

しかし、EXグリーン早特が必ずしも最安とは限りません。ケースによってはより格安な方法もあります。

ここではまず、以下の3つのケースに分けて、EXグリーン早特と他の格安新幹線チケットの料金を比較します。

以下の3つのケース別に、EXグリーン早特とその他の格安チケットを比較してみます。

  1. 片道の場合
  2. 往復(日帰り)の場合
  3. 往復(宿泊あり)の場合

 

①【片道の場合】EXグリーン早特と他の格安チケットの料金比較

まずは、片道(新幹線のみ)の場合です。東京ー新大阪を例にして、料金をみてみましょう。

(東京ー大阪)片道・往復のグリーン車料金比較

東京•品川ー新大阪 片道 往復
トーキョー
ブックマーク
※大阪発の日帰り限定
21,800円
EXこだま
グリーン早特
11,400円 22,800円
ぷらっとこだま
(グリーン車)
12,200円 24,400円
新幹線パック 23,700円〜
※1泊宿代込
EXグリーン早特 14,670円 29,340円
EX予約 18,480円 36,960円
e特急券 18,680円 37,360円
ひかり・こだま
(スマートEX)
19,070円 38,140円
回数券 19,270円 38,540円
ひかり・こだま 19,270円 38,540円
のぞみ(スマートEX) 19,390円 38,780円
のぞみ 19,590円 39,180円

ご覧の通り、片道など新幹線チケット単体を利用する場合は、のぞみ・ひかり利用ならEXグリーン早特は最安です。

こだまでもOKなら、EXこだまグリーン早特があります。(詳細後述)

 

【比較】こだまのグリーン車なら「EXこだまグリーン早特」!

こだまのグリーン車でもいいという人は「EXこだまグリーン早特」がおすすめです。

EXこだまグリーン早特とEXグリーン早特の比較をみておきましょう。

EXこだまグリーン早特とEXグリーン早特の料金比較

主要な駅の料金を比較すると下記の通りです。

EXグリーン早特 EXこだま
グリーン早特
東京ー名古屋 ¥12,050 ¥9,170
東京ー京都 ¥14,120 ¥11,200
東京ー新大阪 ¥14,670 ¥11,400
東京ー新神戸 ¥14,670
新大阪ー名古屋 ¥6,090
新大阪ー新横浜 ¥14,330 ¥11,310

当然ですが、こだま乗車なのでEXこだまグリーン早特の方が3,000円ほど安いです。

主な違い

EXこだまグリーン早特、EXグリーン早特ともにEX予約(スマートEX)のサービスの1つなので、基本的な仕組みは同じです。

予約方法、使い方、キャンセル・払い戻し料金などは共通。下記のような点も同じです。

  • こども設定がない
  • 3日前までの予約
  • 繁忙期に使えない

大きな違いは2つ。設定区間と乗車可能な列車です。

EXグリーン
早特
EXこだま
グリーン早特
設定区間 東京・品川、新横浜
発着のみ
東海道新幹線の
ほぼ全区間
乗車可能な列車 のぞみ・ひかり こだま

「EXこだまグリーン早特」の詳細はこちらで詳しくまとめています。
EXこだまグリーン早特

子供連れ、繁忙期は「ぷらっとこだま」がおすすめ

料金以外にも、以下のような場合はEXグリーン早特・EXこだまグリーン早特より、ぷらっとこだまを利用した方がいいでしょう。

  • GW・お盆・年末年始
  • 子供連れの場合

EXグリーン早特、EXこだまグリーン早特は繁忙期に利用できませんし、こども料金設定もありません。

ぷらっとこだまだと料金は下記の通りです

ぷらっとこだま
(グリーン車)
EXグリーン
早特
東京ー名古屋 ¥9,500 ¥12,050
東京ー京都 ¥12,000 ¥14,120
東京ー新大阪 ¥12,200 ¥14,670
東京ー新神戸 ¥14,970
新大阪ー新横浜 ¥12,100 ¥14,330
ぷらっとこだまの詳細はこちらでまとめています。
ぷらっとこだまで指定席料金が格安に。値段・往復 割引・比較・予約方法まとめ

 

②【日帰り往復の場合】EXグリーン早特と他の格安チケットの料金比較

今度は、東海道新幹線で日帰り往復をする場合の料金を見てみましょう。(ちなみに、東京ー新大阪間は往復割引はききません。)

この場合、EXグリーン早特はあまりいい選択肢ではありません。

のぞみにも乗車できて、より料金が安い方法があります。

大阪・京都・名古屋からの東京・横浜の日帰り往復なら「トーキョーブックマーク」

トーキョーブックマーク

日帰り往復の場合は、トーキョーブックマックをまず検討して下さい。(ただし、関西・中部発に限ります)

トーキョーブックマークのメリットは以下の3つ。

  1. 大阪・京都・名古屋から東京への新幹線往復が格安
  2. のぞみグリーン車に乗車できる
  3. 特典付き(お土産クーポンや地下鉄1日券など)
  4. 一人でも利用可
  5. 3日前まで予約可

トーキョーブックマークとEXグリーン早特の料金比較

トーキョーブックマークとEXグリーン早特の往復料金の比較が、以下の通りです。

トーキョーブックマークの通常料金に片道+1,500円でグリーン車に乗車可能です。

EXグリーン
早特
トーキョー
ブックマーク
新大阪ー東京 ¥29,340 ¥21,800
京都ー東京 ¥28,240 ¥20,800
新大阪ー新横浜 ¥28,660 ¥20,800
京都ー新横浜 ¥27,560 ¥19,800

ご覧の通り、どの区間でも、EXグリーン早特よりトーキョーブックマークの方が安いです。

トーキョーブックマークは乗車便が限られているのがデメリットですが、お土産クーポンや地下鉄乗り放題などの特典もついてきます。東京観光の場合はぜひ利用してみて下さい。

トーキョーブックマック含め東京ー大阪の往復方法については詳しく以下にまとめています。
東京ー新大阪【往復18,600円~】新幹線の「往復割引」料金を安くする方法

東京・横浜からの日帰り往復ならJTB「日帰り1DAY」がお得!

JTB新幹線日帰り1DAY

次に、逆方向の日帰り往復のパターンです。

首都圏(東京・横浜)からの大阪・京都・名古屋の日帰りの場合は、JTB日帰り1DAYがお得です。

しかし、JTB日帰り1DAYにはグリーン車設定がありませんので、EXグリーン早特との比較はできません。

 

③【宿泊往復の場合】EXグリーン早特と他の格安チケットの料金比較

では最後に、東海道新幹線を利用して、宿泊ありで往復する場合を見てみましょう。

この場合、EXグリーン早特を利用するメリットはほとんどないです。もっとも格安な選択肢は「新幹線パック」です。これをまず検討してください。

料金が安く、こだまだけでなくのぞみにも乗車できます。

新幹線パックとの料金比較

新幹線パックグリーン車

新幹線パックとは、新幹線とホテルの料金がセットになった旅行商品のことです。

東京ー大阪の場合、料金は以下の通りです。

EXグリーン
早特
新幹線パック
(グリーン車)
片道 ¥14,670
往復 ¥29,340
往復+宿 ¥35,340 ¥23,700〜

EXグリーン早特は、片道14,670円、往復29,340円。宿を別に(6,000円)とったとして合計は35,340円となります。

一方、新幹線パック(グリーン車)は23,700円〜。

東京ー大阪に限らずどの区間でも、新幹線パックは同様に格安です。多くのケースにおいて、EXグリーン早特より安くなります。

ただ、時期によっては料金が高くなったり、グリーン車設定がないこともあります。まずはこちらをチェックしてみて下さい。

新幹線パック含め、東京ー大阪の格安新幹線の詳細はこちらにまとめています。
東京ー大阪【最安は10,080円】新幹線 料金の格安まとめ