【50%OFF】GOTOキャンペーンで全国の新幹線旅行が激安になっています!
新幹線利用の方は要チェック!早い者勝ち >

「トーキョーブックマーク」は東京観光に最適な新幹線ツアー商品です。大阪・京都・名古屋から東京への新幹線旅行の料金が格安で人気の旅行商品です。

代表的な区間の料金は下記の通り。

  •  大阪 ー 東京:23,900円〜
  •  京都 ー 東京:22,900円〜
  • 名古屋 ー 東京:20,400円〜

トーキョーブックマークは、往復の新幹線チケットと宿がセットになった特別割引料金となっています。新幹線のお得なきっぷ(EX早特、EX予約、回数券)などと比べてもはるかに格安です。

日帰りプランもあります。

  •  大阪 ー 東京:18,800円〜
  •  京都 ー 東京:17,800円〜
  • 名古屋 ー 東京:15,600円〜

東京旅行に便利なトーキョーブックマークを詳しく解説していきましょう。

 

「トーキョーブックマーク」って何?まずはポイント解説!

トーキョーブックマーク

まずは、「トーキョーブックマーク」って何?という人のために簡単にポイントを解説します。

新幹線チケット+宿セットの格安ツアー&日帰りもOK

トーキョーブックマークは、以下の3つがセットになった旅行商品です。

  1. 東京往復の新幹線チケット
  2. ホテル
  3. 東京観光の特典
    ※買い物クーポン、施設割引券など

往復の新幹線チケットと東京の宿がセットになることで特別割引となり料金が格安になります。さらに、東京観光のおトクな特典が付いてきます。

また、トーキョーブックマークは宿泊プランだけでなく、日帰りプランもあります。

一目でわかる!トーキョーブックマークの特徴一覧表

「トーキョーブックマーク」がどんなものかパッと見でわかるように、特徴を一覧表にまとめました。

トーキョーブックマークの特長
利用区間 大阪・京都・名古屋ー東京
利用できる人 一人でも利用可
予約方法 ネット予約
予約期限 3日前まで
料金 大阪 ー 東京:23,900円〜
京都 ー 東京:22,900円〜
名古屋 ー 東京:20,400円〜
料金
(日帰り)
大阪 ー 東京:18,800円〜
京都 ー 東京:17,800円〜
名古屋 ー 東京:15,600円〜
乗車可能な列車 「のぞみ」指定席
プランによっては「ひかり」も可
自由席 利用不可
往復割引 なし
グリーン車 利用可
子供料金 設定あり(大人の約60%)
キャンセル・
払い戻し
20日前まで無料
GW・お盆・
年末年始
利用可
途中下車 不可
往復割引・学割・
障害者割引
不可

トーキョーブックマークの最大の魅力はやはり、料金が格安という点です。

東京旅行なら最安の旅行商品の1つです。また、日帰り往復にも使えるのでとても便利です。

上記項目を以降で1つ1つ詳しく解説していきます。

 

トーキョーブックマークの仕組み、メリット

トーキョーブックマークが利用できる区間、利用方法などをまず解説します。

大阪・京都・名古屋発の東京の往復限定

トーキョーブックマークは、大阪・京都・名古屋発限定です。

東京・横浜を観光するための旅行商品ですので、東京発はありません。

利用できる主要区間は以下の通り。

  • 新大阪 ー 東京・横浜
  •  京都 ー 東京・横浜
  • 名古屋 ー 東京・横浜

プランによっては上記3駅だけでなく、関西・中部の周辺駅からも利用できる場合もあります。(ひかりプランなどを選べばひかり停車駅からも利用できます。)

特長とメリット

トーキョーブックマークは東京旅行に特化した旅行商品で、最大のメリットは以下の2点。

  1. 東京往復の新幹線が格安
  2. 東京観光で使えるお得な特典付き

新幹線料金は他のどの方法よりも安いです。

また特典は、時期によって内容が変わるのですが、例えば以下のようなものがあります。

  • 買い物クーポン1,000円分
  • 東京メトロ1日乗り放題
  • 東京スカイツリー天望デッキ入場券

どの特典にしろ、お得には違いありません。

 

トーキョーブックマークはのぞみ利用、グリーン車OK、自由席は不可

トーキョーブックマークはのぞみ・ひかり指定席が利用できます。グリーン車設定もあります。自由席は利用できません。

指定時間帯の「のぞみ」指定席

トーキョーブックマークで乗車できる新幹線はのぞみ・ひかりの指定席です。

乗車便の指定は可能なのですが、時間帯は制約があります。混雑する午前7時〜9時、夕方の時間帯は選択できない可能性が高いです。

プランによっては、プラス料金で混雑時間帯も選択できるようになるものもあります。

グリーン車

トーキョーブックマークは、普通車指定席同様にグリーン車も安く利用できます。

通常料金に+1,500円(大阪ー東京の場合)でグリーン車に乗車できます。

こども料金

トーキョーブックマークにはこども料金の設定もあります。大人料金の約60%です。

自由席

トーキョーブックマークで自由席は利用できません。全て指定席です。

 

トーキョーブックマークのメリット・デメリット

トーキョーブックマークのメリット、デメリットをまとめておきます。

トーキョーブックマークのメリット

  • のぞみ・ひかりの乗車便が選べる
  • 宿が選べる
  • 東京観光のお得な特典付き
  • グリーン車も格安
  • 3日前まで購入できる
  • 一人でも利用できる

ここまで書いたように、トーキョーブックマークの最大のメリットは料金です。東海道新幹線ののぞみ利用では最安です。

トーキョーブックマークのデメリット

料金が安い代わりにデメリットもあります。

  • 大阪・京都・名古屋発しか設定がない
  • 時間帯が制限されている
  • 座席指定できない
  • JR窓口等では購入できない

大阪・京都・名古屋発しか設定がない

トーキョーブックマークが利用できる駅は基本的に以下に限られています。

  • 乗車駅:名古屋・京都・新大阪
  • 降車駅:東京・品川・新横浜

ただし、プランによっては上記の周辺駅(新神戸や米原など)の駅からも利用することが可能です。

これら以外の駅で乗降できません。

のぞみ乗車の時間帯が制限されている

トーキョーブックマークで乗車できる新幹線のぞみは、時間帯が制限されています。

全ての便が選択可能ではありません。

座席指定できない

乗車便は指定できますが、座席の指定はできません。

二人で利用する場合は、基本隣り合うよう座席になるよう配慮されますが、約束されるものではありません。

JR窓口等では購入できない

デメリットというか、誤解している人が多いです。

トーキョーブックマークは、JRの窓口で予約&購入できません。

JRが販売する新幹線きっぷではありませんので注意してください。

 

トーキョーブックマークの予約、購入、使い方

トーキョーブックマークの予約方法、購入方法、使い方はすごく簡単です。

予約、購入方法

トーキョーブックマークの予約は、公式サイトからネット予約になります。

ネット予約は以下の手順です。

  1. 宿泊ホテルを選ぶ
  2. プラン(乗車駅)を選ぶ
  3. 利用人数、乗車便を選ぶ
  4. 支払い

予約が完了すると、新幹線チケット一式が送付されてきます。

使い方

トーキョーブックマークはツアー商品ですが、行動は全て自由です。もちろん、添乗員はいませんし出発駅で集合などもありません。

送付されてきたチケットを改札に通して指定の新幹線に乗るだけです。

 

トーキョーブックマークの乗り遅れ、キャンセル・払い戻しなど注意点

トーキョーブックマークを利用する場合は、以下の点に注意してください。

  • 当日購入は不可
  • 乗り遅れると完全に無効
  • 無料キャンセルは20日前まで
  • GW、お盆、年末年始でも利用可
  • 往復割引・学割・障害者割引は使えない

当日購入は不可

トーキョーブックマークは、当日購入はできません。JRのみどりの窓口でも購入できません。

予約&購入はオンラインで3日前までです。

乗り遅れると後続列車には乗れない

通常の新幹線指定席券の場合、乗り遅れても後続の列車の自由席に乗れます。

しかし、トーキョーブックマークはその扱いがありません。予約の新幹線に乗り遅れると完全無効になります。

キャンセル・払い戻し

トーキョーブックマーク予約後のキャンセル料金は以下の通り。

期日 キャンセル料
旅行開始後 100%
当日 50%
前日 40%
2日前~7日前 30%
8日前~20日前 20%
21日前以前 無料

トーキョーブックマークのキャンセル・払い戻しに関して、公式サイトでは以下の通り記載があります。

オンラインでの予約取消が可能です。 ※予約の取消の場合、原則として旅行開始日の前日から起算して20日前から取消料が必要となります。

※なおJR券がお手元にある場合は必ず列車の出発時間までに最寄りのJR駅(みどりの窓口)で指定席の取消証明を受けていただく必要があります。

GW、お盆、年末年始にも利用できる

トーキョーブックマークはGW、お盆、年末年始でも利用できます。

ただし、新幹線の席数に限りがあるので空席がなければ利用できません。また、料金も繁忙期は高くなります。

往復割引・学割・障害者割引

トーキョーブックマークはJR販売の新幹線チケットではありませんので、往復割引や学割、障害者割引はありません。

これらの割引がなくても、通常の新幹線きっぷよりはるかに格安です。

 

トーキョーブックマークは本当にお得?どれほど格安か?

ここまで、トーキョーブックマークの安さを強調してきましたが、本当にお得なのでしょうか?

どれほど格安なのか?他の新幹線チケットと料金比較してみて改めて確認してみましょう。

宿泊なし(日帰り)の場合の料金比較

東京ー新大阪の料金で比較してみます。各チケットの新幹線料金は以下の通りです。

ご覧通り、往復の場合はトーキョーブックマークが最も格安です。往復1万円台はトーキョーブックマークだけです。

「EX早特21」や「EXのぞみファミリー早特」といった、のぞみの早割チケットよりも安いだけでなく、こだまの格安チケット「ぷらっとこだま」や「EXこだまファミリー早特」よりも格安です。

通常の新幹線料金より、1万円以上も安くなります。

東京への日帰り往復なら、トーキョーブックマークで決まりです。

東京発の日帰りの場合

JTB新幹線日帰り1DAY

東京発の日帰り往復の場合、トーキョーブックマークは使えません。

その代わり、JTBの「日帰り1DAY」という旅行商品があるので、これを利用すると東京発の日帰りが格安になります。

料金は以下の通り。

  • 東京ー大阪 :往復20,800円
  • 東京ー京都 :往復20,200円
  • 東京ー名古屋:往復16,500円

東京から大阪・京都・名古屋の日帰り新幹線は、まず日帰り1DAYをチェックしましょう。

宿泊の場合

最後に、宿泊する場合です。

上記同様、東京ー新大阪の料金でみてみます。1泊の宿泊料金を6,000円と仮定して比較してみました。

新大阪駅ー東京駅 往復 往復+1泊
新幹線パック 21,500円〜
トーキョー
ブックマーク
※大阪発限定
25,500円〜
EXこだま
ファミリー早特
20,160円 26,160円
ぷらっとこだま 21,400円 27,400円
EX早特21 22,400円 28,400円
EXのぞみ
ファミリー早特
25,140円 31,140円
EX予約 27,240円 33,240円
e特急券 27,640円 33,640円
自由席
自由席(スマートEX)
27,740円 33,740円
回数券 27,880円 33,880円
ひかり・こだま
(スマートEX)
28,400円 34,400円
ひかり・こだま 28,800円 34,800円
のぞみ(スマートEX) 29,040円 35,040円
のぞみ 29,440円 35,440円

ご覧の通り、「新幹線パック」が最安です。

ただ実際のところ、トーキョーブックマークと新幹線パックは同じ旅行商品です。新幹線パックの東京版をトーキョーブックマークと呼んでブランドにしているだけです。

両者の大きな違いは、東京観光に特化しているのでトーキョーブックマークには色んな特典が付いてくることです。それによって多少料金差も生じます。

「新幹線パック」の方が自由度が高いので、特に特典に興味がない人はトーキョーブックマークでなくても良いかもしれません。